最新記事

ブレグジット

ボリス・ジョンソン英首相のイケメンな弟、政局混迷のただ中で議員辞職

Boris Johnson's Brother Quits U.K. Government Amid Brexit Chaos

2019年9月6日(金)14時20分
シェイン・クラウチャー

期限までのEU離脱で窮地に立ったボリス・ジョンソン首相に辞表を提出した弟ジョー・ジョンソンは「合意なき離脱」に反対だった(9月5日、ロンドン) Henry Nicholls-REUTERS

<「家族に忠誠を尽くすか国益を優先させるか」悩んだ末に閣外相辞任と議員辞職を発表>

EU(欧州連合)離脱をめぐって窮地に立たされているボリス・ジョンソン英政権をさらなる衝撃が襲った。ジョンソン首相の弟のジョー・ジョンソンが閣外相辞任と議員辞職を表明したのだ。

ロンドンのオーピントン選出の保守党議員で、大学・科学担当の閣外相を務めてきたジョー・ジョンソン(47)は9月5日、ツイッターで辞職を発表。「9年間にわたって議員を務め、3人の首相の下で閣僚を務められたことを光栄に思っている」と述べた。

「この数週間、家族への忠誠と国益のどちらを選ぶのか悩んでいた。これは解決しようのない緊張だ。議員と閣僚としての役割を、ほかの人々に渡す時だと判断した」

兄のジョンソン首相(55)は10月31日にEUを離脱するためには「合意なき離脱」も辞さないとしているが、同じ保守党に属する弟は「合意なき離脱」に反対の立場。2016年に実施されたEU離脱の是非を問う国民投票では、残留を支持していた。強硬離脱派の兄についていけなくなったようだ。

<参考記事>ボリス・ジョンソン英政権、10月半ばまで議会閉会 「合意なき離脱」ごり押しのためのウルトラC

ジョーの辞意表明に対し首相官邸は声明を発表した。「彼は優秀で才能ある閣僚で、素晴らしい議員だった。兄として政治家として、首相はこれが彼にとって簡単な決断ではなかったことを理解している」

一方、最大野党・労働党のデービッド・ラミー議員は「実の弟さえもが、ジョンソン政権の下で働くことに耐えられない」とツイート。「保守党はばらばらの状態だ。EU懐疑主義への異常な執着が党を破壊した」

<参考記事>「奥さんの胸はもっと大きくなる」ボリス・ジョンソン英首相迷言集

与党は過半数を失い敗北続き

事実、与党・保守党は9月3日に瓦解した。保守党のフィリップ・リー議員が自由民主党に移籍したことで下院の過半数を失った。劇的な鞍替えだった。AFPによれば、リーはジョンソンの発言中に議場を移動し、親欧州派の自由民主党の席に座ったという。

ジョンソン宛の離党届の中でリーは、保守党がブレグジットにより「ポピュリズムとイングランドのナショナリズムという2つの病気に感染した」と批判した。

同日、さらに保守党議員21人が「離脱延期法案」に賛成票を投じて造反し、党を除名された。

ジョンソンが追い込まれたのは、ここへきて、「合意なき離脱」に対する危機感が与野党内で強まってきたからだ。9月4日、下院は合意なき離脱を阻止するためのEU離脱延期法案を可決。ジョンソンは解散総選挙を提案したが否決された。最大野党の労働党は、合意なき離脱の可能性がなくならなければ総選挙には応じられないという姿勢だ。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 6

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 7

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 10

    【韓国経済データ】対日輸出動向(2019年1~8月)

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 5

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 8

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 9

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

  • 10

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月