コラム

ボリス・ジョンソン英政権、10月半ばまで議会閉会 「合意なき離脱」ごり押しのためのウルトラC

2019年08月29日(木)19時10分

誰もが驚く議会の長期閉会を強硬したジョンソン英首相 Dylan Martinez-REUTERS

<10月末に迫ったEU離脱を阻止しようと野党各党が共闘を誓った矢先、政権は1カ月議会を閉会することに。独裁者まがいの一手に英国民の反応は>

「欧州連合(EU)から、10月31日までに必ず離脱する」と確約している、ボリス・ジョンソン英首相。

離脱後、EUとどのような関係を築くかについての合意がなくても、「とにかく絶対に離脱する」と言い続けてきた。いわゆる「合意なき離脱(ノーディール・ブレグジット)」である。合意なしの離脱は「崖から飛び降りるような離脱」とも評され、さまざまな負の影響が生じると予測されている。

最大野党・労働党を始めとする野党勢力や与党・保守党内の穏健離脱派勢力は、何とかして、この合意なき離脱を止めようと必死だ。

8月27日、野党各党の代表者が集まり、このような離脱の阻止に向けて共闘していくことで合意した。具体的には、10月末に予定される離脱の延期をEUに要請するよう、首相に強制する法案の可決を目指すことになった。9月3日、夏休みで休会していた議会がいよいよ再開する。反ジョンソン勢力にとって、勝負の時がやってくる。

いや、やってくる......はずだった。

1カ月間の閉会で、議論を封じる

しかし28日、政府は議会を約1カ月閉会する動きに出た。ジョンソン首相はエリザベス女王に議会閉会への同意を求め、女王はこれを受け入れた。

議会再開の第2週目にあたる9月9日から10日頃に閉会となり、10月中旬に新たな会期が始まる予定だ。

離脱予定の期限は10月31日だが、もし合意なき離脱を止めようとする反ジョンソン勢力が先の法案を提出しても、議論をする日数はだいぶ少なくなる。

10月14日の施政方針演説の後、21日頃に演説が採決される一方で、17~18日にはEU首脳会議で離脱についての協議が行われる。あわただしいスケジュールの中、十分な議論ができないままに「期限切れ」となって、離脱が実現してしまう可能性が大いに高くなる。

議論を封じられた格好となった野党議員らは、一斉に反発。スコットランド自治政府のニコラ・スタージョン首相はジョンソン首相を「独裁者」と非難した。

筆者自身、この成り行きに非常に驚いた。英国の政治の主権は議会にあり、議会を素通りして離脱を実現させるのであれば、「強権政治」、「独裁政治」と呼んでも不思議ではない。17世紀から発展してきた議会民主制を持つ英国で、こんなことが起きるとは、信じられないほどである。

プロフィール

小林恭子

在英ジャーナリスト。英国を中心に欧州各国の社会・経済・政治事情を執筆。『英国公文書の世界史──一次資料の宝石箱』、『フィナンシャル・タイムズの実力』、『英国メディア史』。共訳書『チャーチル・ファクター』(プレジデント社)。連載「英国メディアを読み解く」(「英国ニュースダイジェスト」)、「欧州事情」(「メディア展望」)、「最新メディア事情」(「GALAC])ほか多数
Twitter: @ginkokobayashi、Facebook https://www.facebook.com/ginko.kobayashi.5

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:水のボトル6本で2000円、カナダ極北部

ビジネス

中国新規融資、7月は6790億元に急減 コロナや不

ワールド

ウクライナ「デフォルト状態」、S&Pとフィッチが格

ワールド

北朝鮮、マスク着用や距離確保の規制解除 「コロナ勝

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 5

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中