最新記事

ネット

2019年上半期グーグル人気検索キーワード発表 韓国で今年一番ググられたのは?

2019年7月14日(日)14時20分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)


1,626万3525人という驚異的な観客動員を記録したお正月映画『極限職業』 CJ Entertainment Official / YouTube

映画カテゴリーのランキング1位は?

さらに、グーグルでは韓国のジャンル別検索順位も発表している。映画分野を見ると、1位は韓国映画『極限職業(原題:Extreme Job/극한직업)』だ。総合検索でも6位に入った映画『極限職業』は、今年1月に韓国で公開された韓国のコメディー映画だ。なんと累計観客動員が1,626万3525人という歴代2位の記録をたたき出した。韓国国民の実に3人に1人が観た計算だ。

■関連記事:日本は韓国のわずか3分の1 快進撃続ける韓国の映画観客動員数

舞台とは警察の麻薬捜査班チームが見張り捜査のために借りたチキン屋。捜査員達はここで店員になりすまして麻薬犯の張り込みをするが、想像以上に繁盛して本業よりも忙しくなって......という内容である。ちょうど旧正月連休に入る前という公開タイミングも功を奏して大ヒットした。韓国映画といえばドタバタコメディーも多いが、ここ数年シリアスなサスペンスやアクション映画も多い。日本に紹介されるのはこの手の映画が多いためか、「韓国映画って暗い」「アクションシーンはグロい」といった感想をもっている人も多いのではないだろうか? 韓国人でも同じようで、正月早々暗くて重い映画よりもこのように家族で楽しく笑える映画に人気が集中したようだ。

ちなみにこの『極限職業』はハリウッドでのリメイクが決定している。韓国のオリジナルも制作したCJエンターテインメントとユニバーサルスタジオの共同制作で、主人公は『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』やアニメ『ペット』に出演していたケヴィン・ハートが務めるという。この映画のキーポイントは「チキン屋」にある。韓国ではメジャーな食べ物で、ビールと言えばチキン。ソウル市内では数百メートルも歩けばチキン屋に当たるほどだ。出前文化の発達した韓国ではチキン屋の出前は定番だ。また、サラリーマンがよく脱サラして始めるレストランの一つでもある。このように韓国の街に溶け込み人生にも密着した食べ物を、ハリウッドバージョンでは何に置き換えるのか楽しみである。

■関連記事:日本生まれのインスタントラーメン、韓国で育ち過激な味に 里帰りでブーム呼ぶか?


newsweek20190714133200.png
■2019年上半期グーグル人気検索キーワード
1位タノス、2位ミセモンジ、3位チョン・ジュニョン、4位スカイキャッスル、5位NBA、6位極限職業、7位クレイジーレーシング・カートライダー、8位バーニングサン、9位ファン・ハナ、10位アベンジャーズ/エンドゲーム

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(4

ワールド

香港立法会、国歌条例を可決 中国による統制懸念強ま

ビジネス

米アマゾン、印通信バーティ出資で初期段階の協議 2

ワールド

スペイン、6月22日に仏・ポルトガル国境規制を全面

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 3

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 7

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 8

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 9

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 10

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月