最新記事

トランプ訪英

波乱含みのトランプ訪英 メーガン妃は既に欠席表明

Trump Visits UK Amid Brexit Turmoil

2019年6月3日(月)15時30分
ケネス・ロス

昨年の初訪英時には、大規模な反トランプデモのためにロンドン中心部を通れなかった Yves Herman-REUTERS

<トランプ嫌いのロンドンっ子たちが待ち構えるイギリスへ。本当に歓迎するのは、イギリスとEUの分断を煽る離脱強硬派ぐらい?>

ドナルド・トランプ米大統領は6月3日朝、国賓として初めてイギリスに到着する。エリザベス女王との会見や第二次大戦のノルマンディー上陸作戦75周年記念式典への出席を含む5日間の訪欧を開始する。イギリス国内はブレグジットをめぐる混乱で騒然としており、英米貿易協定の交渉も物議を醸している最中だ。

トランプ夫妻と成人した子供たちはバッキンガム宮殿で女王エリザベス2世に謁見し、チャールズ皇太子の公邸であるクラレンスハウスで伝統的なアフタヌーンティーを楽しむことになっている。

トランプはイギリスでは嫌われている。昨年の訪英時にもロンドン中心部で大規模なデモが行われ、トランプはデモを迂回した。

<参考記事>世界でも特にイギリスでトランプが嫌悪される理由

2018年訪英時、ロンドン中心部で行われた反トランプデモ


王室の最も新しいメンバーであるメーガン妃(サセックス公爵夫人)は既に、第一子の出産後であることを理由に、トランプ訪英の行事には出席しないと発表している。メーガン妃は2016年の米大統領戦の前に、トランプは女性を蔑視しているとして、トランプが大統領に選出されたらカナダに移住するかもしれないとテレビのインタビューで答えたことがある。

英王室に入った今ではあまり見られない激しい身振りでトランプは人々の対立を煽ると批判するメーガン・マークル(当時)


5月31日のイギリスの大衆紙の取材で、このときのメーガン妃のコメントについて尋ねられたトランプは、「なんといえばいい? 彼女が意地の悪い(nasty)人だとは知らなかった」と応じた。トランプは自分の行為や政策を批判する女性に対してはいつも同じ形容詞を使う。だが同時に、メーガン妃は英王室で「うまくやっていく」と思うともつけくわえた。

ブレグジットに口先介入

訪英前、トランプはニューヨーク・タイムズ紙の取材に対し、6月7日に与党・保守党の党首を辞任するテリーザ・メイ首相についてイギリスをEUからの離脱に導くことができなかったと批判、イギリスの次のリ-ダーは離脱を成功させたいなら、EU本部との交渉を止めるべきだと言った。

トランプは、元ロンドン市長で離脱強硬派のボリス・ジョンソン前外相がメイの後任となるべきだと言った。「合意なき離脱」も辞さずとEUとの対決姿勢を露わにするブレグジット党のナイジェル・ファラージ党首もトランプと仲がいい。

<参考記事>メイの有力後継候補ジョンソンはヤバい?「合意なき離脱」率25%に

メイはすでに政治的影響力を失っているが、トランプ政権の担当者は4日の米英首脳会談で取り上げるであろう重大な問題をリストアップしている。そのなかには、中国とイランがもたらした経済的・軍事的脅威に加えて、ブレグジットや貿易交渉などが含まれている。

トランプはこれまで、EUから離脱したイギリスとの貿易協定を望んでいると明言している。だが、ナンシー・ペロシ米下院議長(民主党)は、英・北アイルランドとアイルランド間の国境管理をなくし、和平を実現させた98年のベルファスト合意を損なう可能性があるなら、EU離脱後の英米貿易協定が実現することは絶対にないと警告した。

もっともイギリス滞在は、トランプの今回の訪欧日程のなかではまだ快適なほうかもしれない。訪英の後、トランプはブレグジットに断固反対するアイルランドのレオ・バラッカー首相と会談し、フランスではノルマンディー上陸作戦記念日の式典に参加した後、トランプのアメリカ第一主義を公然と批判しているエマニュエル・マクロン大統領と会談する予定だ。

(翻訳:栗原紀子)

20190611issue_cover200.jpg
※6月11日号(6月4日発売)は「天安門事件30年:変わる中国、消せない記憶」特集。人民解放軍が人民を虐殺した悪夢から30年。アメリカに迫る大国となった中国は、これからどこへ向かうのか。独裁中国を待つ「落とし穴」をレポートする。

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    韓国人の日本に対する好感度は上昇、いっぽう日本人…

  • 10

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月