最新記事

ブレグジット

メイの有力後継候補ジョンソンはヤバい?「合意なき離脱」率25%に

Donald Trump’s Friend Boris Johnson Set to Become U.K. Prime Minister Imminently

2019年5月24日(金)16時30分
シェーン・クロウチャー

イギリス人に人気のジョンソンには、権力だけが目当ての日和見主義者という批判もある Andrew Yates-REUTERS

<メイが遂に辞任して、ブレグジット強硬派のジョンソン前外相が次期首相になれば、イギリスはますます厄介なことになる可能性が高い>

ブレグジットをめぐる混乱でテリーザ・メイ英首相の政治生命はほぼ終わったようにみえる。メイ辞任後の後継候補は、首相就任を生涯の野望としてきたボリス・ジョンソン前外相だ。ドナルド・トランプ米大統領とも仲がいいことで知られる。

昨年7月にメイのEU離脱協定案に反対して外相を辞任したジョンソンは、保守党の中では最有力の次期首相候補で、ブックメーカー(賭け屋)でも一番人気だ。上流階級出身でロンドン市長の経験もある。変わり者で親しみやすく、イギリスの独自性を体現する政治家だが、それだけにEUに対する恨みは強く、「合意なき離脱」も辞さない強硬派だ。

ジョンソンが次期首相として浮上したことを受けて、米証券JPモルガンは5月21日、「合意なき離脱」の確率を15%から25%へ引き上げた。

批判勢力からすれば、ジョンソンは恥知らずで他人に流されやすく、失言まみれで権力欲が強いだけの日和見主義者だ。トランプにとっては、本人が昨年7月のイギリス訪問の際に何度も強調したように、「良い英首相になる」友人だが。

<参考記事>ボリス・ジョンソン英外相の嘆かわしい失言癖

5月23日から投票が始まった欧州議会選では、保守党は惨敗すると予想されている。EU残留を支持する有権者も、EU離脱を支持する有権者も、他党へ逃げてしまったのだ。

<参考記事>【欧州議会選】英国の2大政党は大敗か?──新党「ブレグジット党」は10万人の支持獲得

「ブレグジット党」が躍進

保守党と労働党というイギリスの2大政党から支持をごっそり奪い取ったのは、ポピュリスト政治家ナイジェル・ファラージが今年1月に結成した「ブレグジット党」だ。より強硬なブレグジットを掲げ、生温いブレグジット案に不満な有権者の支持を集めた(労働党は、ブレグジットに対する賛否をあいまいにして支持を失った)。

欧州議会選に先立って調査会社イプソスモリが実施した世論調査によると、支持率がいちばん高かったのは35%のブレグジット党で、自由民主党が20%、労働党が15%、緑の党が10%、保守党が9%だった。

欧州議会選で、もしブレグジット党が大勝すれば、欧州議会でイギリスの最大勢力となる。ファラージの目標は、英議会と保守党に圧力をかけて、イギリスをできるだけ早くEUから離脱させることだ。

メイの離脱案は3度にわたって議会で否決され、期限がきてもブレグジットを果たせないまま先延ばしになっている。最新のスケジュールでも今年10月31日までに離脱案が可決しなければ、イギリスはEUとの協定なしの「合意なき離脱」に陥ることになる。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

鉱工業生産12月は前月比0.1%低下、判断「弱含み

ワールド

米黒人男性の暴行死、新たに警官1人停職 処分6人目

ビジネス

ユニリーバ、新CEOにオランダ乳業大手トップ 株価

ビジネス

12月小売業販売額は前年比+3.8%=経産省(ロイ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大批判...キャサリンの「お手本」に脚光も

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 8

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 9

    「服と関係ない」「不快」 裸のモデルの胸に手術跡..…

  • 10

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 5

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 9

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 10

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 5

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月