最新記事

イギリス

ボリス・ジョンソン英外相の嘆かわしい失言癖

2016年7月15日(金)16時00分
エリザベス・パールマン

Toby Melville-REUTERS

 イギリスのテリーザ・メイ新首相は13日、ボリス・ジョンソン前ロンドン市長を外相に任命するというサプライズ人事を発表した。ネガティブ・サプライズだ。第一報が流れると何者かが、ロンドン北部にあるジョンソンの自宅近くのゲートに大きな看板をくくり付けた――「世界へ、ごめんなさい」

 看板のそばで待ち伏せていた英スカイニュースの記者が、帰宅したジョンソンを直撃。外相になった今、海外の首脳や政治家に対する過去の失言について謝罪をする用意があるかどうかを問いただした。「アメリカのオバマ大統領を筆頭に、謝らなければならない相手が何人かいますよね」

 ジョンソンは4月下旬、オバマは「一部ケニア人」だから「大英帝国を毛嫌いする」、イギリスに対して偏見を持っている、と英紙のコラムに書いた。ジョンソンは「前にも言った通り、アメリカ合衆国は列の先頭だ」と答えて家に入った。バラク・オバマ米大統領が以前、もしEUを離脱したら通商交渉でもイギリスは最後尾になる、と言ったことを受けたもの。

首相から逃げた?

 ジョンソンは過去にも問題発言を繰り返している。2007年11月には、ヒラリー・クリントンを「精神病棟にいそうなサディスティックな看護師」になぞらえて酷評。2005年には、国際社会における中国の影響力について次のように述べた。「中国は我々の脅威ではない。中国が世界を支配することなどあり得ないし、赤ん坊の頃から北京語(中国語)を教え込む必要なんてない」

 ドイツのフランク・ワルター・シュタインマイヤー外相は14日、ドイツの大学で演説をし、EU離脱派のリーダーで次期首相と目されていたのに保守党党首選への出馬を断念したジョンソンについて「EU離脱が決まった途端に逃げ出した、無責任な政治家」とこき下ろした。

ニュース速報

ビジネス

骨太方針でデフレリスク払拭へ財政・金融連携を=諮問

ビジネス

ルノー、仏生産拠点整理で労組と協議 全世界で1.5

ビジネス

仏GDP確報値、第1四半期は前期比-5.3% 都市

ビジネス

伊GDP改定値、第1四半期は前期比-5.3% 速報

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 3

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で…

  • 5

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 8

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 9

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 10

    中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月