最新記事

イギリス

ボリス・ジョンソン英外相の嘆かわしい失言癖

2016年7月15日(金)16時00分
エリザベス・パールマン

Toby Melville-REUTERS

 イギリスのテリーザ・メイ新首相は13日、ボリス・ジョンソン前ロンドン市長を外相に任命するというサプライズ人事を発表した。ネガティブ・サプライズだ。第一報が流れると何者かが、ロンドン北部にあるジョンソンの自宅近くのゲートに大きな看板をくくり付けた――「世界へ、ごめんなさい」

 看板のそばで待ち伏せていた英スカイニュースの記者が、帰宅したジョンソンを直撃。外相になった今、海外の首脳や政治家に対する過去の失言について謝罪をする用意があるかどうかを問いただした。「アメリカのオバマ大統領を筆頭に、謝らなければならない相手が何人かいますよね」

 ジョンソンは4月下旬、オバマは「一部ケニア人」だから「大英帝国を毛嫌いする」、イギリスに対して偏見を持っている、と英紙のコラムに書いた。ジョンソンは「前にも言った通り、アメリカ合衆国は列の先頭だ」と答えて家に入った。バラク・オバマ米大統領が以前、もしEUを離脱したら通商交渉でもイギリスは最後尾になる、と言ったことを受けたもの。

首相から逃げた?

 ジョンソンは過去にも問題発言を繰り返している。2007年11月には、ヒラリー・クリントンを「精神病棟にいそうなサディスティックな看護師」になぞらえて酷評。2005年には、国際社会における中国の影響力について次のように述べた。「中国は我々の脅威ではない。中国が世界を支配することなどあり得ないし、赤ん坊の頃から北京語(中国語)を教え込む必要なんてない」

 ドイツのフランク・ワルター・シュタインマイヤー外相は14日、ドイツの大学で演説をし、EU離脱派のリーダーで次期首相と目されていたのに保守党党首選への出馬を断念したジョンソンについて「EU離脱が決まった途端に逃げ出した、無責任な政治家」とこき下ろした。

ニュース速報

ワールド

英首相に早期辞任圧力、離脱協定案巡り与党内で強い反

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に支払われている

  • 2

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠写真

  • 3

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポニスム2018」の立役者たち

  • 4

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 5

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語…

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    京都を愛したデヴィッド・ボウイが涙した正伝寺の日…

  • 8

    ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインター…

  • 9

    「作り物」のクイーン賛歌は、結局本物にはかなわない

  • 10

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 5

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 9

    トランプの言うことは正しい

  • 10

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月