最新記事

東南アジア

超激混みの露天からクーラー付きの個室まで フィリピン、麻薬対策強化が招いた「塀の中の格差社会」

2019年4月11日(木)13時06分
大塚智彦(PanAsiaNews)

麻薬対策強化で刑務所はどこも超過密に

フィリピンでは2016年6月のドゥテルテ大統領就任以来、麻薬関連犯罪への「超法規的殺人」を含む強権的な捜査が続いており、逮捕されたり自首したりして裁判で有罪となった多数の麻薬密売人、麻薬使用者が全国の刑務所で服役している。

このため全国に482ある刑務所の大半が定員を大きく上回る収容者で想像を絶する過密状態にあるという。

2018年7月にBJMPが明らかにした報告書によると全国482刑務所の定員合計が20,653人なのに対し、服役囚は146,302人でその多くが麻薬関連犯罪で服役しているという。過密度ではハイチに次いでフィリピンが世界で2番目の劣悪な環境だという統計もある。

2018年3月の時点で南部タガログにあるカラバルソンにある刑務所は収容率975%という過密状態で、中ルソンの刑務所が802%、サンボアガ半島の刑務所は789%という状況だった。

また、2019年3月18日にマニラ首都圏ナボタス市の刑務所に新施設が完成したが、同刑務所はそれまで収容率2413%とフィリピン国内で最も過密な状態におかれていた。それでも過密度は738%というが、当局は新施設の完成で服役囚の環境改善に役立ったとしている。

"VIPルーム"も存在? 塀の中も金次第という現実

こうした過酷な環境に置かれているフィリピンの囚人たちだが、一方では刑務所内で特別待遇を受けている「VIP服役囚」も存在する。マニラ近郊のビリビッド刑務所では一部の服役囚が独房を勝手に改修してクーラーを設置。さらに携帯電話、ネット接続が可能な状態にして「優雅な独房生活」を送っていたのが2015年に摘発された。

こうした服役囚は刑務所職員に賄賂を渡して勝手気ままに服役生活を送っていたようで、外部から歌手やストリッパーを呼んで刑務所内でコンサートやショーを開催したり、勝手に外出して恋人や家族と面会したりと"塀の中も金次第"という実態が続いていた。摘発の結果、ビリビッド刑務所では刑務所の幹部職員3人が解任された。

こうした状況のなか、ドゥテルテ大統領の麻薬犯罪取り締まり強化で、全国の刑務所に服役囚が激増した結果、どこの刑務所も過密状態になってしまい、職員に対する賄賂や買収が依然として横行。携帯電話やタバコ、武器所持などが相変わらず続いていることが裏付けられた。

麻薬犯罪捜査の強化で逮捕者、自首者は依然として増加傾向にあるなか、フィリピンでは服役する刑務所施設がその服役者数に追いつかず、暴力や病気、差別が蔓延する過酷な環境になっており、新たな人権問題として浮上している。

ニュース速報

ビジネス

米ボーイング、4月の737MAX引き渡しが4機に減

ワールド

加2州でアストラワクチン接種停止、オンタリオ州は血

ワールド

EU、「ワクチン証明書」巡る作業近く終了 夏の運用

ビジネス

米国株はインフレ懸念で続落、ダウ473ドル安

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    中国大型ロケットの残骸、インド洋に落下か NASA「宇宙ゴミに責任ある基準を満たさず」と批判

  • 4

    東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレー…

  • 5

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 6

    日経平均高値は「面白くなる日本」の先取り 投資で…

  • 7

    日立製造のイギリス鉄道車両で亀裂、各社が運行休止…

  • 8

    台湾のTSMCはなぜ成功したのか?

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月