最新記事

脳とコンピュータ

脳の信号から音声に変換するシステムが世界で初めて開発される

2019年2月8日(金)16時00分
松岡由希子

脳の信号を理解可能な音声に直接変換するシステムが開発された(写真はイメージ)gorodenkoff -iStock

<コロンビア大学の研究チームが、ヒトの脳の信号を音声を再構築する技術を世界で初めて開発し、怪我などで失われた会話力を修復する可能性を持つ画期的なものとして注目を集めている>

脳の信号を理解可能な音声に直接変換するシステムが世界で初めて開発された。人工知能(AI)と音声合成技術を活用し、ヒトの脳の電気活動をもとに、他者が明快に聞き取れる言葉へと再構築するというもので、脳とコンピュータとを接続し、直接情報を授受し合う「ブレイン・コンピュータ・インターフェイス(BCI)」の進化に向けた目覚ましい成果として注目されている。

ヒトの脳の聴覚野から音声を再構築する技術

米コロンビア大学ザッカーマン研究所のニマ・メスガラニ博士らの研究チームは、2019年1月29日、オープンアクセスジャーナル「サイエンティフィック・リポーツ」で研究論文を発表し、ディープラーニング(深層学習)と音声合成技術を組み合わせたアルゴリズムによりヒトの脳の聴覚野から音声を再構築する技術について、その詳細を示した。

人間は、言葉を発したり、何か話すことをイメージする際、脳内で特徴的な活動パターンが現れ、他者の話を聞いたり、それをイメージするときにも、特有の信号パターンが現れることがわかっている。

そこで、研究チームでは、人間の会話音声データで学習し、音声を合成するコンピュータアルゴリズム「ボコーダー」を採用。てんかんの治療を受けている患者5名を対象に、言語音を聞いているときの脳での神経活動を測定し、この測定データを「ボコーダー」に与えて、人間の脳の活動を解釈できるよう学習させた。

さらに、これら5名の被験者に0から9までの数字を数える音声を聞かせ、その間の脳の信号を記録したデータを「ボコーダー」に与えたところ、信号パターンを分析し、独自の音声を合成することに成功した。人間が理解可能な音声に変換できる確率は75%で、これまで実施された同様の実験結果を大きく上回るものであった。



──脳の活動パターンを分析して生成した音声。0から9までの数字を読み上げている。

怪我などで失われた会話力を修復する可能性を持つ画期的なもの

この研究成果は、疾病や怪我によって失われた会話力を修復する可能性を持つ手段として画期的なものとして評価されている。

たとえば、「コップ一杯の水が欲しい」と考えると、この思考によって生成された脳の信号をシステムがとらえ、言語音声に変換されるわけだ。メスガラニ博士は「この技術によって、疾病や怪我によって話す能力が失われても、これを修復し、周りの世界とつながる新たな機会をもたらすことができるだろう」と述べている。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)や脳卒中などによって話すことができなくなった人々にとって、外界とコミュニケーションする力を取り戻すための大きな一歩になるかもしれない。


RT America

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月