注目のキーワード

ニューズウィーク日本版『脳』に関する記事一覧

「ウイルスは検出されず」でも重い症状が何カ月も...偏見とも闘う長期患者の苦悩
後遺症

「ウイルスは検出されず」でも重い症状が何カ月も...偏見とも闘う長期患者の苦悩

<検査を受けてもただの心理的な症状と周囲に相手にされず、二重に苦しむ「ロングホーラー」の闘いの記録>...

2021.04.03
意識障害、感情の希薄化、精神疾患...コロナが「脳」にもたらす後遺症の深刻度
新型コロナウイルス

意識障害、感情の希薄化、精神疾患...コロナが「脳」にもたらす後遺症の深刻度

<呼吸器系感染症とばかり思われていたが、脳神経に与える影響が注目され始めた> 神経学者のガブリエル...

2021.04.02
新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?
後遺症

新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

<新型コロナ感染症にかかった人の脳は、最高で10歳も老化し、高度な思考力が目に見えて減退する可能性が...

2020.10.28
若者も子どもも、タイピングより手書きのほうが、脳活動が活発に
人体

若者も子どもも、タイピングより手書きのほうが、脳活動が活発に

<ノルウェー科学技術大学(NTNU)の研究で、手書きによって、子どもの学習がすすみ、よりよく記憶でき...

2020.10.05
水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡
感染症

水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

<湖やプールなどの淡水に棲み、鼻から入って脳を餌にするアメーバがまた出現。アメリカで少年2人が犠牲に...

2020.09.14
        
薬を使わないデジタル療法で教育・医療にアプローチ AIが人間を進化させる未来とは
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

薬を使わないデジタル療法で教育・医療にアプローチ AIが人間を進化させる未来とは

<AIに期待される最も価値ある応用分野は、薬の代わりにゲームなどを通じたデジタル体験で脳を刺激し、治...

2020.02.05
        
瞑想アプリからブレインインターフェイスまで、投資家が選ぶTransTech製品ベスト4
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

瞑想アプリからブレインインターフェイスまで、投資家が選ぶTransTech製品ベスト4

<宣伝なしで1200万人のユーザーを獲得した瞑想アプリや、脳内細胞の活性化によって認知症予防が期待で...

2020.01.21
        
最も不安に駆られるのは大卒者 脳が不安に支配されるのはなぜ?
for WOMAN

最も不安に駆られるのは大卒者 脳が不安に支配されるのはなぜ?

<将来への漠然とした心細さはどこから生まれるのか。「心配性の脳」の秘密を探る研究の最前線をのぞいてみ...

2020.01.09
人間の脳は、手に持った道具の感触を身体と同様に認識していることが明らかに

人間の脳は、手に持った道具の感触を身体と同様に認識していることが明らかに

<リヨン第1大学の研究者が、人間の脳は手に持った道具に伝わる感触を自身の感触と同様に認識しているとい...

2020.01.07
深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されていることがわかった:研究結果
人体

深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されていることがわかった:研究結果

<深い眠りの状態にあると、脳脊髄液の流入が増え、脳内の老廃物を洗い流していることが明らかになった.....

2019.11.15

人気ランキング

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice