注目のキーワード

Newsweekアーカイブ『脳』に関する記事一覧

        
意外? 家事やガーデニングなどの身体活動でも脳の老化が抑制できる
for WOMAN

意外? 家事やガーデニングなどの身体活動でも脳の老化が抑制できる

<ボストン大学の研究チームは「低強度のものであっても、身体活動を増やすと、脳構造の維持につながる」と...

2019.04.25
死後4時間、死んだブタの脳の機能の一部を回復させることに成功した

死後4時間、死んだブタの脳の機能の一部を回復させることに成功した

米イェール大学では、このほど、死後4時間経過したブタの脳の機能の一部を回復させることに成功した。これ...

2019.04.19
加齢による記憶力低下が、電気刺激で20代並みに回復した:米研究

加齢による記憶力低下が、電気刺激で20代並みに回復した:米研究

<ボストン大学の脳科学者らが、高齢者の脳に電気的な刺激を頭皮を通じて送ると20代と同程度に記憶力が回...

2019.04.11
        
コーヒーを思い起こさせる「何か」だけで人は覚醒する
for WOMAN

コーヒーを思い起こさせる「何か」だけで人は覚醒する

<カナダのトロント大学が行った実験で、実際には飲まずに「コーヒーを思い起こさせるものを見るだけ」でも...

2019.04.01
「脳組織は切断されても情報伝達できる」:ニューロンの新しい情報伝達方法発見
神経細胞

「脳組織は切断されても情報伝達できる」:ニューロンの新しい情報伝達方法発見

<米ケース・ウェスタン・リザーブ大学の研究者によって、ニューロンの新しい情報伝達方法が見つかった。脳...

2019.02.28
脳の信号から音声に変換するシステムが世界で初めて開発される
脳とコンピュータ

脳の信号から音声に変換するシステムが世界で初めて開発される

<コロンビア大学の研究チームが、ヒトの脳の信号を音声を再構築する技術を世界で初めて開発し、怪我などで...

2019.02.08
「こんまり」人気の深層──片づけは不眠や不安や肥満さえ癒す
環境

「こんまり」人気の深層──片づけは不眠や不安や肥満さえ癒す

今年こそ整理整頓の行き届いた生活をしよう、と多くの人が新年の誓いを立てたはずだ。ふたのないタッパーや...

2019.01.23
頭骨と脳を結ぶ「秘密のトンネル」が発見される:脳障害時に免疫細胞を送り込む経路
人体

頭骨と脳を結ぶ「秘密のトンネル」が発見される:脳障害時に免疫細胞を送り込む経路

米国の研究チームはこのほど、頭骨と脳を直接結ぶごく小さなトンネルが存在することを発見した。脳卒中など...

2018.09.04
音楽家やバイリンガルは脳を効率よく使うことが明らかに

音楽家やバイリンガルは脳を効率よく使うことが明らかに

情報を一時的に覚えておく能力を測定 音楽や多言語を操る人の脳は、そうでない人の脳と比べ効率よく動く...

2018.05.21
        
マインド・アップロードは可能?──MITを巻き込み世界的権威が真っ二つ
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

マインド・アップロードは可能?──MITを巻き込み世界的権威が真っ二つ

AI新聞からの転載 脳内の情報のやり取りは、ほとんどが電気信号。なので脳内の電気信号のやり取りの...

2018.04.23
英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら