注目のキーワード

人体

ニューズウィーク日本版『人体』に関する記事一覧

人為的に変形された1万2000年前の頭蓋骨が中国で発掘される
人体

人為的に変形された1万2000年前の頭蓋骨が中国で発掘される

<中国で発掘された人為的に変形された頭蓋骨を持つ人骨は、1万2000年前のものであることがわかった....

2019.07.08
ヒト精子は微小重力の影響を受けづらい:人類の宇宙進出は女性だけで大丈夫?
宇宙進出

ヒト精子は微小重力の影響を受けづらい:人類の宇宙進出は女性だけで大丈夫?

<スペインの医師の研究によって、ヒト精子は微小重力の影響を受けづらいことがわかった。宇宙にヒトの精子...

2019.06.27
若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?
人体

若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

<オーストラリアの研究者が18歳から86歳までの1200名を対象に調査したところ、33%に外後頭隆起...

2019.06.21
盲腸とったらパーキンソン病のリスクが高くなる? 昨年とは真逆の研究結果 
健康

盲腸とったらパーキンソン病のリスクが高くなる? 昨年とは真逆の研究結果 

<アメリカの6220万人以上の電子カルテを分析したところ、虫垂(盲腸)切除術を受けた人はパーキンソン...

2019.05.15
宇宙滞在で遺伝子や腸内細菌叢が変化していた──双子の宇宙飛行士の比較研究
宇宙

宇宙滞在で遺伝子や腸内細菌叢が変化していた──双子の宇宙飛行士の比較研究

<NASAは、宇宙環境がヒトにどのような影響をもたらすのかを解明するために一卵性双生児で分析したとこ...

2019.05.07
        
意外? 家事やガーデニングなどの身体活動でも脳の老化が抑制できる
for WOMAN

意外? 家事やガーデニングなどの身体活動でも脳の老化が抑制できる

<ボストン大学の研究チームは「低強度のものであっても、身体活動を増やすと、脳構造の維持につながる」と...

2019.04.25
死後4時間、死んだブタの脳の機能の一部を回復させることに成功した

死後4時間、死んだブタの脳の機能の一部を回復させることに成功した

米イェール大学では、このほど、死後4時間経過したブタの脳の機能の一部を回復させることに成功した。これ...

2019.04.19
男のあごひげには犬の体毛より多くの細菌が存在する:スイス研究結果
ヘルス

男のあごひげには犬の体毛より多くの細菌が存在する:スイス研究結果

タフな印象を与え、一部の男性や女性に根強い人気を誇る男性のあごひげ。しかしながらこのたび、スイスのあ...

2019.04.19
加齢による記憶力低下が、電気刺激で20代並みに回復した:米研究

加齢による記憶力低下が、電気刺激で20代並みに回復した:米研究

<ボストン大学の脳科学者らが、高齢者の脳に電気的な刺激を頭皮を通じて送ると20代と同程度に記憶力が回...

2019.04.11
        
コーヒーを思い起こさせる「何か」だけで人は覚醒する
for WOMAN

コーヒーを思い起こさせる「何か」だけで人は覚醒する

<カナダのトロント大学が行った実験で、実際には飲まずに「コーヒーを思い起こさせるものを見るだけ」でも...

2019.04.01
英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら