最新記事

認知障害

「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究結果

2022年4月27日(水)17時02分
松岡由希子

Dr_Microbe-iStock

<ビクトリア大学らの研究チームは、「誠実性」、「外向性」、「神経症傾向」の因子が高齢期の認知機能に果たす役割について調べた......>

「几帳面で自制力が高い人は加齢による軽度認知障害(MCI)を発症しづらい一方、気分屋で情緒不安定な人が高齢になると認知機能の低下を起こしやすい」とする研究結果が明らかとなった。

加ビクトリア大学らの研究チームは、性格特性の分類法「ビッグファイブ」における5つの因子のうち、「誠実性」、「外向性」、「神経症傾向」に着目し、これらの因子が高齢期の認知機能に果たす役割について調べた。その研究論文は2022年4月11日、アメリカ心理学会(APA)の学術雑誌「ジャーナル・オブ・パーソナリティ・アンド・ソーシャルサイコロジー」で発表されている。

「誠実性」スコアが高い人は、軽度認知障害への移行リスクが低い

「ビッグファイブ」によると、「誠実性」のスコアが高い人は責任感があり、勤勉で、目的志向型だ。「外向的」な人は他者と一緒にいることでエネルギーを得、自身のエネルギーを他の人々や外の世界へ向ける。熱意があり、社交的で、話好きで、積極的な傾向がみられる。一方、「神経症傾向」のスコアが高い人は情意安定性が低く、気分変動や不安、抑うつ、自信喪失などに陥りやすい。

研究チームは、米ラッシュ・アルツハイマー病センター(RADC)の縦断研究「メモリー&エイジングプロジェクト(MAP)」に参加するシカゴ都市圏とイリノイ州北東部の高齢の居住者1954人のデータを分析した。なお、対象者の平均年齢は80.0歳。73.5%が女性で、87%が白人であった。

その結果、「誠実性」のスコアの高さと軽度認知障害への移行リスクの低下には関連があり、「誠実性」が0~48の尺度で6ポイント以上だと軽度認知障害への移行リスクが約22%低下した。たとえば、「誠実性」のスコアが高い80歳の高齢者はこれが低い人よりも約2年長く正常な認知機能を維持できると推定される。

「神経症傾向」のスコアが高い人は、軽度認知障害への移行リスクが高い

「神経症傾向」の高さと軽度認知障害への移行リスクの上昇にも関連がみられる。「神経症傾向」が0~48の尺度で7ポイント以上だと軽度認知障害への移行リスクが約12%上昇した。「神経症傾向」のスコアが高い人は正常な認知機能を維持できる期間が1年以上短い。

一方、「外向性」と軽度認知障害への移行リスクには関連が認められなかったが、「誠実性」が高いか「神経症傾向」が低い「外向的」な人は、正常な認知機能をより長く維持する傾向がみられた。また、「神経症傾向」が低く「外向性」の高い人は、軽度認知障害の診断を受けた後、認知機能が正常に回復しやすい。「外向性」が高いと、社会的な交流やサポートを通じて認知機能の改善につながりやすくなる可能性がある。

研究論文の筆頭著者でビクトリア大学のヨネダ・トミコ博士は「性格特性は思考や行動の永続的なパターンを反映しており、生涯にわたって健康または不健康な行動や思考のパターンに影響を及ぼし続ける」とし、「このような長年の積み重ねが、軽度認知障害のような特定の疾病や障害へのかかりやすさにつながっている可能性がある」と指摘している。


今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 3

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 4

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 5

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 8

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 9

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 10

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

  • 10

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中