注目のキーワード

人体

ニューズウィーク日本版『人体』に関する記事一覧

開発中の肥満症治療薬が20%以上の減量に効果を示す
医療

開発中の肥満症治療薬が20%以上の減量に効果を示す

<肥満症治療薬「チルゼパチド」の第3相試験が行われ、平均20%以上の体重減少をもたらした初の治験薬と...

2022.05.13
「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究結果
認知障害

「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究結果

<ビクトリア大学らの研究チームは、「誠実性」、「外向性」、「神経症傾向」の因子が高齢期の認知機能に果...

2022.04.27
ヒトの皮膚細胞を30年若返らせることに成功
再生医学

ヒトの皮膚細胞を30年若返らせることに成功

<ヒトの皮膚細胞を30年若返らせる手法が開発され、画期的な成果として注目されている......> ...

2022.04.19
女性の目から2センチの生きたハエが摘出される インド
インド

女性の目から2センチの生きたハエが摘出される インド

<アマゾンで虫に刺された女性。ほどなくして、右まぶたの内側にうごめく何かに気づいた> インド・ニュ...

2022.03.07
長期宇宙飛行に適応してヒトの脳が「再接続」される
宇宙

長期宇宙飛行に適応してヒトの脳が「再接続」される

<長期宇宙飛行後、脳内の白質路で有意な微細構造変化がみられることが明らかとなった......> ヒ...

2022.02.22
人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、未知の第3層
人体

人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、未知の第3層

<これまで知られていた筋肉の層のさらに深部に、顎の開閉を安定させる第3層が隠されていた> 人体は私...

2022.01.12
「朝、3分間、長波長の赤い光を目に当てると、加齢で低下した視力が改善する」との研究結果
人体

「朝、3分間、長波長の赤い光を目に当てると、加齢で低下した視力が改善する」との研究結果

<英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究チームが、赤い光を2週間にわたって毎朝3分間見...

2021.11.29
青年期の感染症と多発性硬化症のリスクとの関係が明らかに
感染症

青年期の感染症と多発性硬化症のリスクとの関係が明らかに

<青年期の様々な感染症が多発性硬化症のリスクを高めることを明らかにした> 多発性硬化症(MS)とは...

2021.11.05
「亜鉛が風邪の予防や治療に役立つ可能性がある」との研究結果
健康

「亜鉛が風邪の予防や治療に役立つ可能性がある」との研究結果

<豪州の西シドニー大学の研究によって、亜鉛が風邪の症状を予防したり、有症期間を短縮できる可能性がある...

2021.11.04
アメリカ人男性の精子の質が低下している
精子

アメリカ人男性の精子の質が低下している

<西側男性の精子の数が減っているのに加え、アメリカ人の精子の質も落ちていることがわかった> 米国人...

2021.10.26

人気ランキング

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice