最新記事

袋小路の英国:EU離脱3つのシナリオ

ブレグジット秒読み、英EU離脱3つのシナリオ

Women on the Verge

2019年2月7日(木)06時45分
ジョナサン・ブローダー(外交・安全保障担当)

ヨーロッパにメイの苦悩を理解できる指導者がいるとしたら、同じく「統一ヨーロッパ」を支持する強い女性指導者であるメルケルだろう Yves Herman-REUTERS

<EU離脱に悪戦苦闘するメイ英首相と、極右やトランプと戦うメルケル独首相。ヨーロッパはどうなるのか。暗雲漂うブレグジットの3つのシナリオとは>

※2019年2月12日号(2月5日発売)は「袋小路の英国:EU離脱3つのシナリオ」特集。なぜもめている? 結局どうなる? 分かりにくさばかりが増すブレグジットを超解説。暗雲漂うブレグジットの3つのシナリオとは? 焦点となっている「バックストップ」とは何か。交渉の行く末はどうなるのか。

◇ ◇ ◇

昨年12月11日、雨降りしきるベルリンで、1台のベンツがドイツ首相官邸に到着した。後部座席にはイギリス首相テリーザ・メイの姿。ブレグジット(イギリスのEU離脱)協定案の議会採決を延期して欧州3都市歴訪の旅に出て、さらなる譲歩を引き出す考えだった。

アンゲラ・メルケル独首相は入り口のレッドカーペットでゲストを待ち受けていた。ところが係官が車のドアに手を掛けても、どうしたわけか開かない。何度か試した後で、ようやくメイは降りることができた。

気まずい一瞬だった。このトラブルに、2016年6月の国民投票で決まったブレグジットの実現に向けて悪戦苦闘するメイの状況を重ね合わせる向きもあった。反EUのイギリス人たちは、ブレグジット推進派のマイケル・ゴーブ英環境相の警告を思い出した。彼は言ったものだ、イギリスがEUにとどまれば国民は「車の後部座席に閉じ込め」られたも同然だと。

今回の訪問でメイは新しい譲歩を得られなかったが、メルケルをはじめとする主要な指導者に、自分の考える「ソフトブレグジット」(イギリスとEUが離脱協定に合意した上での離脱)の構想を受け入れさせることができた。例えばEUからの段階的な離脱、イギリスにいるEU市民とEU域内にいるイギリス市民の法的保護、北アイルランド(英国の一部だ)とアイルランド共和国(EU加盟国だ)の間に物理的な国境を復活させないことなどだ。

しかし母国に戻ったメイにはもっと冷たい仕打ちが待っていた。メイが持ち帰った離脱協定案は1月15日の下院での採決で、反対432票、賛成202票という歴史的な大差で否決された。メイが率いる保守党はブレグジットをめぐって分裂し、議会は離脱に向けた青写真をまとめられず、各派が国民投票直後に示した案を再び持ち出す始末。事態は行き詰まった。

政権への不信任案は否決できたが、ブレグジットの行方が決まらない限り首相の傷は癒えず、指導力を発揮するどころではない。

「信じられないような大差(の否決)によって......英国は合意なき離脱に向けて漂流し始め、どの政党も過半数を得られず、自分たちの選んだ道を行くこともできない」。米政治ニュースサイト、ポリティコの英国特派員トム・マクテーグはそう書いた。「今のテリーザ・メイには、目標はあっても戦略がない。かつてチャーチルが言ったように、今は『死ぬ気でやる』しかない」

ヨーロッパにメイの苦悩を理解できる指導者がいるとしたら、それはメルケルだろう。2人とも「統一ヨーロッパ」を支持する強い女性指導者だ。

magSR190207women-2.jpg

1つの欧州を目指し57年に欧州経済共同体の設立に合意 BETTMANN/GETTY IMAGES

ヨーロッパ諸国の経済的パートナーシップという理念は、この大陸が荒廃した第二次大戦後に、悲惨な戦争の繰り返しを絶つために生まれた。

以来、28カ国で構成するEU域内では人やモノが自由に行き来している。EUには欧州議会があり、加盟国共通の基準を設けている。おかげでヨーロッパの大部分は平和を享受してきた。

【関連記事】ブレグジット後の英国は「海の覇者」として復活する

ニュース速報

ビジネス

米雇用統計受けドル上昇、週間では7週連続の下げ=N

ワールド

コロナワクチンの有効性懸念、衛生対策なお必要=ファ

ビジネス

米FRB議長、6月も財務長官と定期的に連絡 電話会

ワールド

インド南部で旅客機が着陸失敗、17人死亡 約170

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスクとの向き合い方

  • 4

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 5

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 6

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 7

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 8

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 9

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月