最新記事

医療

空前の「がん治療薬」開発競争、投資家が味わうジレンマ

2018年5月15日(火)08時40分

5月2日、欧米や中国で新種のがん治療薬の開発競争が激しさを増し、技術革新の速度も速まってきた。写真はスクリーンに映ったがん細胞、ドイツの国際見本市CeBitで2012年撮影(2018年 ロイター/Fabian Bimmer)

欧米や中国で新種のがん治療薬の開発競争が激しさを増し、技術革新の速度も速まってきた。患者にとっては朗報だが、投資家は多数の中でどの企業が成功を収めるか見極めるのが難しく、ジレンマを味わっている。

英国の小規模なバイオ技術企業、オートラスはキメラ抗原受容体T細胞(CAR─T細胞)の開発に手ごたえを感じ、米ナスダック市場への上場を計画中だ。CAR─T細胞療法はがん免疫療法の1種で、オートラスのほかにも多数の企業が開発を競っている。

研究開発に多額の投資が行われているのは欧米だけではない。ロイターによる最新データの分析によると、中国で行われているCAR─T細胞療法の臨床試験は162件と、米国を上回っている。

がん免疫療法全体で見ると、医薬品の種類は2000以上と空前の数になる。各企業は独自の薬を開発しようとしのぎを削っているが、多くは似通った薬だ。

ファーマプロジェクツのデータベースによると、現在研究・開発中のがん治療薬は全体で5200種で、1年前に比べて7.6%増えた。科学者は臨床試験用に十分な数の患者を確保するのに苦労するほどだ。

開発中の新薬全体に占めるがん治療薬の割合は、2010年の26.8%から現在は34.1%に拡大した。新たな療法が成功すれば年間の治療費が10万ドルを超えることも多い有望分野とあって、企業が資源を集中させている。

投資選別は慎重に

スイスのノバルティスと米ギリアド・サイエンシズがそれぞれ開発したCAR─T細胞療法が昨年初めて、希少な血液がんの療法として米食品医薬品局(FDA)の承認を得たことで、がん治療の世界が一変する可能性が現実味を帯びた。

この療法が固形がんにも効くようになれば、なおさら希望は膨らむ。

しかし、数多くの医薬品企業とバイオ技術企業ががん治療分野に殺到する状況は、投資家にとっては痛しかゆしだ。よく似た製品がひしめいているため、どの企業が商業的な成功を収めるかの見極めが難しい。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

日経平均は続落で寄り付く、半導体売り続く 一時30

ビジネス

海外勢の米国債保有、2月は過去最高更新 日本の保有

ビジネス

米インフレ抑制、停滞の可能性=ボウマンFRB理事

ビジネス

G7財務相、イラン制裁やロシア凍結資産の活用で協力
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 3

    【画像・動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 9

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 10

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中