最新記事

キャリア

1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

2017年5月25日(木)20時41分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

EzumeImages-iStock.

<オバマもアサンジもザッカーバーグも「内向型人間」。強みを活かせば、内向型でも成功できる。まずはその違いと、自分がどちらのタイプかを知ろう>

前米大統領のバラク・オバマ、ウィキリークスの創始者ジュリアン・アサンジ、サッカー選手のミヒャエル・バラック、詩人でミュージシャンのボブ・ディラン、フェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグ......。

これらの人物の共通点は何だろうか?

答えは――「内向型人間」。

ベルリン工科大学で言語学の博士号を取得し、コミュニケーションコーチや学者として活躍するシルビア・レーケンによれば、「才能や権力や画期的なアイデアや勇気や賢明さや魅力をもちあわせ、成功した人の多く」が内向型人間なのだという。

世の中には、内向型人間と外向型人間がいる。(異論はあるだろうが)おおざっぱに言えば、人付き合いが苦手な人と、人と関わるのが好きな人だ。

ただ、ここでレーケンが言っているのは、実は内向型人間のほうが外向型人間より優れている、ということではない。これらの人物が成功できたのは、自分の「内向性」と正面から向き合い、自分の強みを活かしてきたからだというのだ。

レーケンによれば、内向型人間は「自分は劣っている」とネガティブに思い込みがちだ。そこで、自らも内向型だという彼女は『内向型人間のための人生戦略大全』(岡本朋子訳、CCCメディアハウス)という本を書いた。

昇進、スピーチ、人脈づくり、パートナー探し、子育て、交渉事......と、人生のあらゆる場面で内向型の強みを活かすノウハウをまとめ、ドイツでベストセラーになったという。

ここでは本書から一部を抜粋し、5回に分けて転載する。第1回は「第1章 なぜ『内気』なのか」より。

◇ ◇ ◇

「内向型」か「外向型」かを知るための問い:どこからエネルギーを得ているか?


 あなたは、ストレスがたまって充電したいときにどうするか?

 答えは2つあります。1つ目は「人と会って充電する」です。私の夫はこのタイプです。疲れた日は友達と外出したり、サッカーをしたり、興味のある集会に参加したりします。こういう人は「外向型」の人です。2つ目の答えは「家にこもり、人と話をするのを避け、ひとりで充電する」です。私がこのタイプです。セミナーを開催した日の夜は、ホテルの部屋にこもり読書をします。親友と2人きりで会って、ゆっくりと話をすることもあります。3日間のセミナーが終わったら半日はひとりでゆっくりすごさないと充電できません。私は典型的な「内向型人間」です。

「内向型人間」は、刺激の多い場所にいるとエネルギーを消耗します。刺激の多い場所とは、同時にいろいろなことをしなければならない職場であったり、知らない人が大勢来たり、大音量で音楽が流れているパーティーであったりします(ヨナスもこういったパーティーは苦手です)。「内向型人間」はこういう場所にいると逃げ出したい衝動にかられます。一方「外向型人間」は刺激の多い場所が大好きです。エネルギーを得られるからです。彼らはひとりにされたり、単調な生活が続いたりすると、新たな刺激や気晴らしを求めます。たとえば図書館や病院のベッドやオフィスにひとりでいると人と話ができる場所が恋しくなります(カフェや休憩所、あるいは携帯電話やWi-fi が可能な場所を探し求めます)。ただしオフィスではとりあえず電話をしたり、インターネットを見たりすることができるので、「外向型人間」もなんとか我慢できるでしょう。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支の安定度低下へ

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「レッドブルを飲んだのに翼が生えない」あなた、代…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    ミャンマー人権侵害は家庭でも「骨が折れるほど妻を…

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 5

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 6

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月