最新記事

大腸菌

ロシア、欧州の「殺人野菜」を全面禁輸

ヨーロッパで新型の大腸菌への感染被害が拡大するなか、ロシアがEU産の生鮮野菜の全面禁輸措置に踏み切ったが

2011年6月3日(金)17時29分

廃棄処分 ドイツの保健当局は消費者にキュウリやレタス、トマトを食べないよう警告した(ハンブルク近郊のレタス畑) Fabian Bimmer-Reuters

 ドイツで発生した新型の腸管出血性大腸菌「O(オー)104」の感染被害が拡大するなか、ロシアはEUからの生鮮野菜の輸入を禁止する措置に出た。

 ロシア保健当局は2日、既に輸入されたEU産の野菜も全土で回収すると発表。この措置に対し、EU側は「過剰反応」だと反発している。

 感染者数は3日までに欧州8カ国で1500人以上に達し、ドイツを中心に18人の死者が出ている。大腸菌の毒素が引き起こす溶血性尿毒症症候群(HUS)は血便や腎臓機能障害を招き、最終的に昏睡状態や死に到るケースもある。

 感染被害が最も深刻な地域は、ドイツ北部ハンブルク周辺だ。1日時点で報告されていた365件の感染例の大半がハンブルクに集中していた。EU当局によると、アメリカでも3人の感染例が報告されたが、いずれも最近ハンブルクを訪れた人たちだった。

感染の食い止めに数カ月かかる?

 感染源は当初、スペイン産のキュウリとみられていたが、後になってこれは間違いだったことをドイツ当局が発表し、スペイン政府に陳謝した。本当の感染源が解明できていないため、感染拡大を食い止めるのに数カ月かかる恐れもあると、ドイツは認めている。

 一方、世界保健機構(WHO)は2日、感染拡大している大腸菌は「感染性も毒性も強いことを示すさまざまな特徴がみられる」と発表した。食品の安全に関するWHOの専門家ヒルデ・クルーゼは、「これまで感染例が確認されたことのないタイプだ」と、AP通信に語っている。

 ロシアは既にドイツとスペインからの生鮮野菜の輸入を禁止していたが、WHOの発表と時を同じくして、その対象をEU全域に拡大。ロシアの消費者保護機関のゲンナジー・オニシチェンコは「輸入野菜を食べるのはやめて、国産を選ぶよう呼び掛けている」と語っている。

 EU側は、ロシアの措置に抗議する構えだ。EUからロシアへの生鮮果実や野菜の輸出総額は、年間30〜40億ユーロと推計される。主な産出国はスペイン、フランス、ドイツ、ポーランドだ。

 一方、スペインは今回のキュウリ騒動による風評被害をめぐって法的措置に訴えると息巻いている。この1週間で国内の農家に生じた2億ユーロ近い損失の補償を求める考えだ。

GlobalPost.com特約

ニュース速報

ワールド

米中、来週の外相会談の予定なし=米国務省当局者

ビジネス

米経済「極めて力強く」回復、物価圧力問題視せず=N

ビジネス

米物価上昇の解消に「幾分か」時間かかる公算=ボウマ

ビジネス

FRB、性急な勝利宣言は禁物 物価高9カ月継続も=

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 7

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 8

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 9

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 10

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月