最新記事

サイエンス

老化を「治す」時代へ だが老化を病気と分類すれば失われるものが大き過ぎる

IS AGING A DISEASE?

2021年5月20日(木)19時25分
ジョエル・レンストロム(米ボストン大学上級講師)

magSR20210520agingdesease-2.jpg

年を重ねても健やかな生活を送れる期間を重視すべき CASARSAGURU/ISTOCK

病気なら予防も治療もできる

人体の老化と特定の病気の関連性は、以前から問われ続けてきた。2013年には国際的な研究チームが、老化の特徴を9項目にまとめている。

その9項目とは、ゲノムの不安定性、テロメアの短縮、遺伝子発現の変化、タンパク質恒常性の喪失、栄養感知の制御不全、ミトコンドリアの機能不全、細胞の老化、幹細胞の枯渇、そして細胞間のコミュニケーションの不調だ。

9つの特徴は誰にでも起こり得る。その多くが重なって発生するため、どれか1つを取り分けたり、因果関係をつかんだりすることは難しい。

私たちは老化という「結果」を知っているが、この9つの特徴を引き起こすプロセスについては、まだ科学的に解明されていない。

ヘイフリックによれば、「老化」と「加齢関連疾病」を区別することが重要だ。その区別を怠れば、「老化のプロセスを理解する上で最大の妨げになる」。

高齢という状態は異常ではないのに、なぜ老化を病気扱いするのか。老化が疾病なら、地球上の人類全員が患う病気ということになり、65歳以上はみんな進行した症例になる。

デンマークのオーフス大学細胞老化研究室のスレシュ・ラタンに言わせれば、あらゆる人が経験する状態は病気に分類できない。

もちろん、老化は数え切れない病気に関係している。心臓病やアルツハイマー病、さまざまなタイプの癌、糖尿病......。しかし高齢者みんなが、これらの病気にかかるわけではないのだ。

米バージニア・コモンウェルス大学のピーター・ボリング教授は、2019年のアメリカ老年学会で「それらの状態(病気)は生物学的現象としては老化に直接結び付かない」と述べた。言い換えれば、老化との関連性はあるのだが、必ずしも老化そのものが引き金になるわけではない。

原因となるのは、老化の生物学的プロセス。前述した9項目の特徴を引き起こすものだ。

老化を病気に分類すれば、その予防や治療が可能だと示唆することにもなる。科学者が老化の根本的なプロセスを引き起こす原因を解明できれば、予防や治療の方法も見つかるかもしれない。

だが、人間の老化を防ぐことはできない。それができるという概念は誤解を招き、医学的根拠のない治療につながる。

ヘイフリックら50人以上の科学者が2002年に発表した意見書は、企業による抗老化薬やサプリメント、ホルモン、その他の老化防止療法の宣伝は「虚偽や誤解を意図的に招いたり、商業的な理由で誇張されたりしている」と警告した。

こうした商法は消費者に無益な支出をさせるだけでなく、企業のプロパガンダと科学的な研究結果の区別を難しくさせる。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

FRB、秋に緩和縮小開始を 「かなり速いペース」望

ワールド

ハリス米副大統領、8月にベトナムとシンガポール訪問

ビジネス

米6月コアPCE物価3.5%上昇、高止まり続く サ

ワールド

ドイツ、ワクチン未接種の入国者全員に陰性証明書の提

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなるのか?

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「謝らない謝罪」が日本で蔓延している

  • 5

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 6

    米病院で開会した「もう一つのオリンピック」と、小…

  • 7

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    愛妻にバラバラ死体にされた日系御曹司...猟奇殺人事…

  • 10

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 7

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 10

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月