最新記事

ライフスタイル

人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「モヤモヤします」私たち夫婦以上に遺産をもらったわが子に嫉妬

<私たち夫婦は1万2000ドル、子供2人には「大学基金」として3万ドルずつ──義母はどういうつもりだったのでしょう? 信用されていなかったの

2021.12.16
0歳からの教育

男女の違いは「生まれ」か「育ち」か、専門家がたどり着いた結論は?

2021.12.16
モビリティのこれから 楠田悦子

「代わりの移動手段がないから」だけではない、運転免許を手放せない本当の理由

<免許証を返納することで病気になってしまうような状態は「クルマ生活習慣病」と言っても過言ではない。そのリスクとは?> 11月に大阪府大阪狭山

2021.12.15
環境

東京から生まれる、森林資源の好循環

2021.12.15
0歳からの教育

スマホやタブレット、2歳以上なら子供にプラスになる場合も

2021.12.14
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

彼の収入が私より低い件「愛してるけど不安です」

<彼は教師で素晴らしい男性です。でも私のように世界中を旅したり、高級レストランで食事を楽しめるほどの収入はありません──経済状況の違いは恋愛

2021.12.13
0歳からの教育

揚げ物ばかりの大人に、足りなかったかもしれない幼少期の経験

2021.12.10
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

妻と離婚協議中「なんでも育児のせいにする怠惰な女に財産を渡したくありません」

<彼女はもう何年も働いて稼ぐことをせず、家にいて育児という「重労働」をしているそうです。私が疲れて帰宅すると子供たちを押し付けてきて、週末に

2021.12.09
0歳からの教育

赤ちゃんの泣き声を無視できないのは「うるさいから」ではない

2021.12.08
サイエンス・ナビゲーター 茜 灯里

微生物から大量のタンパク質、砂漠で北極で生産可... 代替食品はここまできた

<タンパク質の摂取意識の高まりや、健康的というイメージが浸透したことで、日本でも植物性代替食品市場は10年で約5倍に。微生物由来の代替肉をは

2021.12.07
ニューヨークの音が聴こえる 大江千里

【大江千里コラム】ニューヨーク、セレブが自然体でいられる街

<動物病院にシンディ・ローパー、レストランの隣席には幸せそうなメグ・ライアン──街で見掛ける有名人はあまりに自然体。日本とは違う、プライベー

2021.12.06
0歳からの教育

親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

2021.12.02
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

起業家志望の息子、高卒で本当にいいの?

<大学進学が唯一の道でないことは分かります。でも、どんな「学校」も100%否定しているのは気になります。親にできる助言はありますか?> Q:

2021.12.01
Tokyo Eye 外国人リレーコラム

「わが家の絆は壊れていません!」夫婦別姓歴20年の中国人夫より

<もとより夫婦別姓の中国で「社会秩序の崩壊」や「家族の一体感の喪失」は一切起きていない──そもそも、今の日本に強い絆で結ばれた家族がどれだけ

2021.11.30
ヘルス

「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

2021.11.28
0歳からの教育

新生児がパパ・ママの表情に関して持つ知識は、学習にとって極めて貴重なツール

2021.11.26
日本社会

視覚障がい者の私がパラのボランティアで開いた共生社会への扉

2021.11.24
ダイエット

あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃焼は5%が限界、「運動したら痩せる」は科学的に大間違い

2021.11.23
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

白人自警団員の予備軍? 友達の言動を記録する息子が心配

<「母親が警察官」「外国人なまりをまねた」──クラスメイトの問題言動を記録した不気味なエクセル文書の使い道は?> Q:14歳の息子ジャック(

2021.11.17
0歳からの教育

育児の悩み:子どもの粘り強さはどう育む? 自制心と粘り強さは学業成績を高める

2021.11.16

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 4

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 5

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 6

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 7

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 10

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中