最新記事

ライフスタイル

人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

人種差別丸出し、モラル皆無のトランプ支持一家と絶交したいのですが...

<気候変動は信じないし、公教育にも反対。新型コロナは作り話だと言い切り、マスクもつけません。5年前から付き合ってきましたが、縁を切ってもいい

2020.11.12

「賞味期限を過ぎたら食べられない」が間違いである根本的な理由

2020.11.09
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「絆は維持できますか?」養子に出した娘がカナダに行ってしまったら

<大学時代に関係を持った黒人男性との間に生まれた娘が今年で5歳に。養父母の了解の下で交流を続けていますが、昨今の黒人差別と今後のことを憂慮し

2020.11.06
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「目の前で搾乳はなえる」夫の一言にムッとした私、どうすればいい?

<母乳育児はほぼ順調。夫も哺乳瓶で授乳ができるようにと搾乳を始めたのですが、搾乳姿が不愉快だと言われました──。小説家ルマーン・アラムは何と

2020.10.27
日本社会

アフターピル市販で「性が乱れる」と叫ぶ人の勘違い 日本の医療、年配男性の「有識者」が決めている

2020.10.25
Tokyo Eye 外国人リレーコラム

オンライン授業で成績が上がった息子 日本の学校におすすめしたい「ハイブリッドモデル」とは

<休校措置で子供の学習機会が失われ、習得できたはずの技術を身に付けられないスキルロスが深刻な経済損失につながるという見方もあるが> 学校でだ

2020.10.22
日本社会

ドタバタ続きの「GoToトラベル」 北海道周遊して分かったコロナ禍の観光業の今

2020.10.14
ペット

「5000円×36回ローンで買われた猫」を待ってた悲しい末路 犬や猫のいる生活には「100〜200万円」かかる現実

2020.10.10
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

ひどい目に遭わされた義母を20歳の息子が持ち上げる「本性を伝えるのはダメ?」

<5年前に亡くなった義母を聖女のように崇める息子。夫婦関係をピリピリさせ、結婚生活をぶち壊した張本人なのだといつか彼に伝えたいのですが──。

2020.10.07
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「黒人以外が黒人の子供を養子にするな」と言われるけれど...

<インド人と白人のハーフの私でも黒人の女の子の良きママになれる? 文化評論家のジャミラ・ルミューが黒人女性として送るアドバイスは?> Q:今

2020.10.05
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「2人目が欲しい!」頑なに拒む夫を説得し続けるのはダメ?

<1年くらい前には「もう少し後にしたい」と言われ、今度はきっぱりノーと言われてしまいました。しつこく持ち出すのはよくないですか? 小説家のミ

2020.10.02
プロダクツ

かなりレア、暗闇で息を呑むほど圧倒的な視認性を誇る角形ダイバーズウォッチ

2020.10.01
プロダクツ

プレミアムコンパクトSUVを牽引する、「アウディ Q3」の進化したカタチ

2020.10.01
リモートワーク

在宅勤務のマストアイテム、「Vari」の高機能スタンディングデスク

2020.09.25
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

夫の前妻が留守電に残した叫び「子供を持つ能力を奪われた」

<子供がいないことは私たち夫婦のせい、自分が望んでいたものを手に入れた私には激怒。電話して「私の結婚も家族もあなたとは関係ない」と言ってやり

2020.09.25
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

私の娘だけ差別する義母──汚れた使い古しの贈り物に侮辱を感じる私

<義母にはほかに4人の孫がいて、その子たちには新しいものを買い与え、豪華な旅行にも連れて行きます。私を好きではないから娘にこんな扱いをするの

2020.09.18
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「子供も持たないほうが...」飼い犬の世話もできない私、子育ては向いてない?

<子犬の世話の大半を引き受けてくれる夫。私も明るく接しようとするのですが、この時間を自分のために使いたいと思ってしまいます──。文化評論家ジ

2020.09.11
環境

これが環境に優しいスカイダイビング

2020.09.07
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「泊まりにおいで」6歳の娘をかわいがってくれる友人はマリフアナ常用者

<外出規制が緩和され、友人のリンダ夫妻から娘にお泊まりの誘いがありました。娘の名付け親でもあり、かわいがってくれるのですがやっぱり心配です─

2020.09.02
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「息子がいい顔をしません」コロナ危機でも初孫に会いたい

<孫の顔を見るために、夫も私も感染予防をできるだけ頑張りました。最低限の買い物とゴルフ(夫)、何度か友人と会ったのと美容院に予約したくらい。

2020.09.01

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中