最新記事

ヘルス

血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

2022年11月9日(水)20時55分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

sasimoto-iStock.

<血糖値に関する科学が発展し、これまでわからなかったことが可視化されるようになった。誤った情報がはびこっているが、生きるために砂糖を食べる必要はないし、どんな砂糖も結局、グルコースと果糖だ>

毎年の健康診断。血糖値が気になるという人は少なくないだろう。血糖値とは血液中のグルコース(ブドウ糖)の量のことで、数値が高いと糖尿病になったりするおそれがある。

心配しているのは、あなただけでも、日本人だけでもない。アメリカ、イギリス、フランス、オーストラリアなど各国でベストセラーとなっている書籍『人生が変わる 血糖値コントロール大全』(かんき出版、原書はGlucose Revolution)によると、血糖値が正常で、きちんと機能する体をもっているアメリカ人は、たった12%だという。

食習慣の違いなどもあるだろうが、世界中どこでも代謝機能と血糖値が悪化しているのは確かなようだ。

「血糖値スパイク」と呼ばれる急激な血糖値の上昇は、あらゆる病気の原因になるとされている。

だがこの血糖値スパイクを防ぐには、日々の食習慣を整えることも重要だが、何をどんなふうに食べるか、それを実行するとどんな変化があるかを可視化することはこれまでできなかった。

『血糖値コントロール大全』の著者である生化学者のジェシー・インチャウスペは、持続血糖測定器を24時間着用し、血糖値スパイクが起こる様子をグラフ化。これまで変動がわかりづらかった血糖値の世界を可視化することに成功し、好きなものを食べながら血糖値を最適にするテクニックを同書にまとめた。

『血糖値コントロール大全』から一部を抜粋・再編集し、2回に分け掲載する(この記事は第1回)。

※第2回はこちら: 食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖値スパイクは「食べたら動く」で防げる

◇ ◇ ◇

ハチミツと砂糖は同じ糖である

『ロミオとジュリエット』の有名なセリフをご存じだろうか? 「バラはほかの名前で呼ばれても同じように甘く香るでしょう」。そう、糖についても同じことが言える。糖はほかの名前で呼ばれても、体に同じ影響を及ぼす。

食品が体に及ぼす影響を知るのに重要なのは、カロリーではなく分子だ。カロリーのほかにも、重要ではないものがある。食品の名前だ。

これに驚く人が多いのだが、分子レベルでは砂糖とハチミツにはなんの違いもない。また、砂糖とアガベシロップにも違いはない。それどころか、砂糖と次のどの糖にも違いはない。アガベシロップ、ブラウンシュガー、グラニュー糖、ココナツシュガー、粉砂糖、デメララシュガー(精製を抑えた甘ショ糖)。これらはみな、グルコース分子と果糖分子でできている。パッケージや、名前、値段が違うだけだ。

ハチミツはもともと植物の花の蜜だが、砂糖と同じくグルコースと果糖を含んでいる。ブラウンシュガー(いかにもヘルシーに聞こえるのでは?)は、白砂糖とまったく同じものからつくられる。ただ精糖工程の副産物である糖蜜で色づけし、体によさそうに見せているだけである。

マスコバドシュガーがブラウンシュガーより色が濃いのは、含まれている糖蜜の量が多いからだ。グラニュー糖と粉砂糖は、砂糖を挽いて細かくしたもの。デメララシュガー、タービナドシュガー、甘ショ糖が黄金色なのは、精製過程であまり漂白しないから。ココナツシュガーはサトウキビやビートのかわりに、ココナツからつくる砂糖。パームシュガー(およびパルミラパームシュガー)は、ヤシの木からつくる砂糖。例をあげればきりがない。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

英景気後退、追加利上げでさらに深刻・長期になる恐れ

ワールド

米軍戦略爆撃機B─21レイダー公開、核搭載可能な「

ワールド

中国主席、欧米製ワクチン受け入れに否定的=米情報機

ワールド

ロシア産原油の上限価格は「不十分」、ウクライナ大統

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 5

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 9

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 10

    息子たちは「もうやめて」と懇願...それでもブリトニ…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 9

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月