最新記事

ヘルス

血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

2022年11月9日(水)20時55分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

glucosebook20221109-1-1.jpg

RyanKing999-iStock.

そして、誤った情報がはびこっている。たとえば、フィリピンのココナツシュガーの大手メーカーが、ココナツシュガーはふつうの砂糖より健康的だとするデータを発表したが、その後、間違いであることが証明された。

もう、おわかりだろう。色や、味、原料の植物にかかわらず、どんな砂糖もグルコースと果糖である。そして、やはり体内で血糖値スパイクと果糖スパイクを引き起こす。

砂糖はすべて天然の糖である

ハチミツやアガベシロップには「天然」の糖が含まれていると聞いたことがある人は多いだろう。そして、乾燥マンゴーのようなドライフルーツも、原料が果物だから「天然」の糖が含まれているとよくいわれる。

まあ、ふつうの砂糖よりも体によさそうだと思うのもしかたがない。でも考えてほしい。砂糖はすべて天然の糖だ。どれも植物からつくられるからだ。なかには、野菜(テンサイ)からつくられる砂糖もある。だが、まったく違いはない。よい砂糖も悪い砂糖もないのだ。原料の植物に関係なく、すべての砂糖は同じである。

大事なのは分子だ。小腸に達するころには、砂糖はすべてグルコースと果糖になる。原料がテンサイでも、リュウゼツランでも、マンゴーでも、体での処理には違いがない。

果物は加工されて性質を変えられ、食物繊維を抜きとられたとたん、ほかの砂糖と同じになる。

ドライフルーツに食物繊維が残っているのは本当である。ただ、果物から水分がとり除かれているので、生で食べるよりたくさん食べがちだ。そのため体が大量の糖をすばやく吸収し、その結果、大きな血糖値スパイクと果糖スパイクを起こしてしまう。

糖は果物から取ればいい

生きるために砂糖を食べる必要はない(思いだそう。体に必要なのは果糖ではなくグルコースだけだし、もし食べられなくても体内で生成できる)。また、エネルギーを得るためにも砂糖は必要ない(砂糖はむしろ、エネルギーのレベルを低下させる)。

原料に関係なく、砂糖はすべて楽しみのために食べるものなので、どれでも好きな砂糖をほどほどに食べよう。ふつうの砂糖よりハチミツが好きなら、ハチミツをどうぞ。ブラウンシュガーを入れてお菓子を焼くのが好きなら、それもオーケーだ。

甘いものが欲しいとき、いちばんいいのは生の果物をそのまま食べることだ。思いだしてほしい。それがグルコースと果糖をとる自然な方法、つまり、少量を、濃縮せず、食物繊維と一緒に食べるという方法だ。

オートミールには砂糖ではなく薄切りのリンゴを、ヨーグルトにはハチミツではなくベリー類を入れて食べよう。

そのほか、オートミールやヨーグルトに加えるのによい優れものは、シナモン、カカオパウダー、刻んだ無糖ココナツ、無糖ナッツバターなどである(不思議に思うかもしれないが、ナッツバターはそれだけでも甘いし、混ぜればりっぱなデザートが出来上がる)。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

カナダ、凍結ロシア資産の没収で米国と「完全に合意」

ワールド

イスラエル、パレスチナ自治政府への税収送金を再開=

ビジネス

S&P年末目標5300に引き上げ、ビッグテックの収

ワールド

米英独など、ウクライナへの派兵案を否定
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウクライナに塩対応の理由

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシア最大級の製鉄所を爆撃か

  • 4

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 5

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 6

    衛星写真:南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、…

  • 7

    中国企業、IPO計画中止相次ぐ...今年すでに47社が上…

  • 8

    トランプ、「党団結」は程遠く 予備選連勝も本選に…

  • 9

    フィリピンにある「世界最古のチャイナタウン」で旧…

  • 10

    【欧州世論調査】ウクライナ戦争の予測「ロシア勝利…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 6

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中