最新記事

映画

映画界に変革をもたらした『マトリックス』、18年ぶり最新作の「唯一の救い」は

Reappreciating The Matrix

2022年1月26日(水)18時00分
タウリク・ムーサ

220201p48_rtm02.jpg

世界観は前作を継承 ©2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

ある意味で、それはウォシャウスキー姉妹の最も良い面が強烈に打ち出された作品だった。そして悲しいかな、シリーズ4作目の『マトリックス レザレクションズ』はその対極に位置する。

ラナが単独で監督したこの作品は、前3作の成功には冷淡で無関心な映画だ。前3作のように誇張され、バレエのように美しく振り付けられたアクション場面はない。ネオを支える新しい仲間は個性のない美化された殺し屋にすぎない。これではマトリックス映画の抜け殻だ。

姉妹のファンがさらに失望するのは純粋な意図──クリエーターが心から、理不尽なまでに望んだからこそ作品が存在するという感覚──の欠如だ。前3作で監督は物語を本気で信じさせることに専念し、隠れた意味や比喩を気にしなかった。

だが『レザレクションズ』では、その創造性は自己認識へと縮小し、観客に身内ネタのジョークを仕掛け、その過程で自滅していく。

ワーナー・ブラザース制作のゲーム『マトリックス』が、実はネオが設計して20年近く前に流行したゲームだという設定で登場したり、青い縁の眼鏡を掛けた「セラピスト」がネオに青い薬を処方したり。ネタ元に気付くのは楽しいが、こうも露骨だと楽しんでいられない。

そう、ウォシャウスキー姉妹の作品なのに、『レザレクションズ』は少しも楽しくない。『マトリックス』前3作も『センス8』も、高揚感があってロマンチックで、やや哲学的でありながら最高に楽しかったのだが。

記憶に残るアクションも迫力なし

第1作では、ネオが初めてスミスに立ち向かおうと決意する場面で、観客はネオの中で何かが変わったことに気付く。第2作『リローデッド』のハイウエーの戦闘シーンでは、モーフィアスとトリニティーがネオなしで戦い、彼ら自身の勇気とネオへの変わらぬ思いを示す。これらのシーンが本当の意味で際立つのは、物語と各キャラクターの理解につながっていたからだ。

ところが『レザレクションズ』には、記憶に残るようなアクション場面がない。カーチェイスもなければ、ホールでの銃撃戦も、スミスに支配された世界でスミスとドラマチックに戦うネオもいない。

これまでの戦いには世界を救うという目的があったが、『レザレクションズ』での戦いはネオにとって迷惑でしかないようだ。すっかり中年になったネオは、銃に手を触れることもない。

ウォシャウスキーの作品を特別なものにする要素を抽出するのは難しくない。斬新で記憶に残る戦闘シーン、真剣な物語を伝える巧妙なコンセプトの発展、記憶に残るキャラクター、そして徹底してクールであること。その全てが『レザレクションズ』には欠けている。唯一の救いは、これを見れば『マトリックス』前3作の素晴らしさを再確認できることだ。

©2021 The Slate Group

THE MATRIX RESURRECTIONS
『マトリックス レザレクションズ』
監督╱ラナ・ウォシャウスキー
主演╱キアヌ・リーブス
   キャリー・アン・モス
日本公開中

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、日米韓の安保協力強化を批判 「アジア版NA

ワールド

ウクライナ東部最後の要衝巡り戦闘激化、陥落の可能性

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、5週間ぶりに減少=ベー

ワールド

中国が米国人の入国規制緩和へ、第3国経由の入国も可

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 10

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 9

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 10

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月