注目のキーワード

カルチャー

Newsweekアーカイブ『カルチャー』に関する記事一覧

        
女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で他人にセクハラをすべきでない」メッセージを込めた話題作
for WOMAN

女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で他人にセクハラをすべきでない」メッセージを込めた話題作

<主人公が最新(&最終)シーズンでセクハラ加害者に?! 個性派コメディー『アンブレイカブル・キミー・...

2019.02.14
        
アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

<日本語は敬語などの表現によって相手との関係性やニュアンスを規定する特性が強く、外国人の話す日本語を...

2019.02.12
        
フィリピンの鬼才がマゼランの世界周航を題材に歴史をひっくり返す『500年の航海』
映画の境界線 大場正明

フィリピンの鬼才がマゼランの世界周航を題材に歴史をひっくり返す『500年の航海』

<フィリピンの鬼才キドラット・タヒミックが、35年の歳月をかけて完成に漕ぎ着けた大長編> フィリピ...

2019.01.25
        
サブスクリプションに刷新、「少年ジャンプ」英語版が挑むアメリカンドリーム
日本再発見

サブスクリプションに刷新、「少年ジャンプ」英語版が挑むアメリカンドリーム

<日本アニメ・漫画の人気拡大に大きな役割を果たしてきたShonen Jumpが、安価な会費制サイトに...

2019.01.25
        
星占いの源流は中東にある、ラッキーアイテムなどなかった
イスラーム世界の現在形 保坂修司

星占いの源流は中東にある、ラッキーアイテムなどなかった

<その昔、占星術師は数学の知識や観察力に優れた立派な科学者だった> きちんと調べたわけではないが、...

2019.01.24
ネイティブが話す「本物」の英語は世界の職場で通じない
英語

ネイティブが話す「本物」の英語は世界の職場で通じない

<英語のネイティブは国際語としての英語が苦手で、国際的な環境で働き慣れた人たちからも理解してもらえな...

2019.01.22
「ハウス・オブ・カード」の米俳優ケビン・スペイシー、7日に出廷へ──セクハラ、性的暴行疑惑とアーティストの関係とは
性的暴行疑惑

「ハウス・オブ・カード」の米俳優ケビン・スペイシー、7日に出廷へ──セクハラ、性的暴行疑惑とアーティストの関係とは

数々の映画やネット・ドラマで、名優として高い評価を受けてきた米俳優ケビン・スペイシー。2017年秋、...

2019.01.07
        
ロンドンで今人気の日本とは? 「日本人が見せたい」から「外国人が見たい」発信へ
for WOMAN

ロンドンで今人気の日本とは? 「日本人が見せたい」から「外国人が見たい」発信へ

<イギリス・ロンドンで日本関連のふたつの施設が盛況だ。日本文化を海外に発信する活動は、従来の一方通行...

2018.12.25
        
16歳の心を掴みたい──『ヘドウィグ』を生んだジョン・キャメロン・ミッチェルの悩める日々
for WOMAN

16歳の心を掴みたい──『ヘドウィグ』を生んだジョン・キャメロン・ミッチェルの悩める日々

<母親の医療費のために巡業し、赤字覚悟でミュージカル制作......LGBTカルチャーのカリスマ、ジ...

2018.12.20
        
「アジア系アメリカ人とばかり言われるのはイヤだった」──『オーシャンズ8』でスリ役に抜擢された中国系女子ラッパーの思い
for WOMAN

「アジア系アメリカ人とばかり言われるのはイヤだった」──『オーシャンズ8』でスリ役に抜擢された中国系女子ラッパーの思い

<『オーシャンズ8』ですご腕のスリを演じたオークワフィナにとって今年は飛躍の年。4年ぶりの新曲も発表...

2018.12.18
英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら