注目のキーワード

映画監督

ニューズウィーク日本版『映画監督』に関する記事一覧

        
石井聰亙『シャッフル』は特別で別格──走るチンピラと追う刑事、全力疾走の舞台裏
私的邦画論 森達也

石井聰亙『シャッフル』は特別で別格──走るチンピラと追う刑事、全力疾走の舞台裏

<デビュー直後の武田久美子とプロデューサーの荒戸源次郎以外は、みなほぼ無名。準主役の刑事を頼まれた僕...

2021.05.02
        
三谷幸喜の初映画『ラヂオの時間』は完璧な群像劇だった 隠された毒が深みを生む
私的邦画論 森達也

三谷幸喜の初映画『ラヂオの時間』は完璧な群像劇だった 隠された毒が深みを生む

<微量な毒やメッセージがあってこそ有効に機能する場合があり、この法則は舞台も映画も変わらない。三谷の...

2021.04.16
        
蔓延する憎悪と殺戮 パレスチナで突き付けられる「傍観者でいいのか」という問い
私的邦画論 森達也

蔓延する憎悪と殺戮 パレスチナで突き付けられる「傍観者でいいのか」という問い

<イスラエル・パレスチナ問題──これまでにも多くの日本人監督がこのテーマに向き合ってきたが、『傍観者...

2021.04.07
        
『ゆきゆきて、神軍』の原一男が、誰にも撮れないドキュメンタリーを発表できる訳
私的邦画論 森達也

『ゆきゆきて、神軍』の原一男が、誰にも撮れないドキュメンタリーを発表できる訳

<この作品を地上波で放送することは、当時も今も難しいだろう。ただしそれは、明確なルールに抵触している...

2021.03.23
        
26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシカ』に見た映画の真骨頂
私的邦画論 森達也

26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシカ』に見た映画の真骨頂

<観終わってしばらくは席から立てなかった──「火の七日間」はどんな戦争だったのか。腐海や王蟲、巨神兵...

2021.03.04
        
女相撲×アナキスト 『菊とギロチン』に見る瀬々敬久の反骨
私的邦画論 森達也

女相撲×アナキスト 『菊とギロチン』に見る瀬々敬久の反骨

<時代と国家と良識にあらがい、自由を希求する──瀬々の志を体現する女たちとテロリスト集団の計画は失敗...

2021.02.26
        
日本にも憤る市民、米兵の悲しげな表情... 『Little Birds』が伝える加工なきイラク戦争
私的邦画論 森達也

日本にも憤る市民、米兵の悲しげな表情... 『Little Birds』が伝える加工なきイラク戦争

<客観中立を装うテレビとは根本的に異なる映像と編集。米軍侵攻後も現地にとどまり、リポートを続けたフリ...

2021.02.05
        
よくしゃべり、よく食べ、互いの体を貪り合う... 欲望全開でも静かな『火口のふたり』の2人
私的邦画論 森達也

よくしゃべり、よく食べ、互いの体を貪り合う... 欲望全開でも静かな『火口のふたり』の2人

<監督は荒井晴彦。キャストは賢治を演じる柄本佑と直子を演じる瀧内公美の2人だけ。人生はこれからだとい...

2021.01.26
        
荒唐無稽なエンタメ映画『太陽を盗んだ男』は今なら絶対に撮れない
私的邦画論 森達也

荒唐無稽なエンタメ映画『太陽を盗んだ男』は今なら絶対に撮れない

<バスジャックして皇居に突撃する軍服姿の老人、盗んだプルトニウムで原爆を作る中学教師──。リアリティ...

2021.01.13
        
塚本晋也が自主製作映画『野火』で描いた、戦争の極限状態と日本兵の人肉食
私的邦画論 森達也

塚本晋也が自主製作映画『野火』で描いた、戦争の極限状態と日本兵の人肉食

<原作は大岡昇平。ぼろぼろの軍服でレイテ島をさまよう敗残兵たちは、互いを「貪り食う」ため殺し合う──...

2021.01.03

人気ランキング

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice