最新記事

K-POP

ビルボード1位獲得のBTS──ダイナマイトな快進撃の舞台裏

2020年10月1日(木)18時30分
クリストファー・モランフィー(音楽チャート評論家)

BTSの個性的なメンバーたち(前列左からJUNG KOOK、RM、J-HOPE、後列左からJIMIN、SUGA、JIN、V) ©BIG HIT ENTERTAINMENT

<韓国人アーティストとして初の全米第1位は猛烈な努力と緻密な計算、そして小さな妥協の産物>

イギリスのパイ・レコードの社長が、日本から1枚のシングルを持ち帰ったのは1962年のこと。東京で聴いた坂本九というアーティストの曲「上を向いて歩こう」が忘れられなかったからだ。

とはいえ、歌詞は全て日本語。「ウエヲムイテアルコウ」というタイトルの意味さえ分からない。そこで、パイの契約アーティストであるケニー・ボールのバンドに、ジャズ風にアレンジしてインストゥルメンタル曲として発表させることにした。タイトルは「スキヤキ」だ。

「スキヤキ」はイギリスではそこそこヒットしたが、アメリカでは全くウケなかった。ところが翌年、ワシントンのラジオ局が坂本のオリジナル版を流したところ、リスナーから問い合わせが殺到。急きょ「上を向いて歩こう」のアメリカにおける発売が決まった(ただし曲名は「スキヤキ」のままとされた)。

それは、ビートルズがアメリカにやって来る半年ほど前のことだった。当時のアメリカでは、イギリスのヒット曲でさえ異質な音楽と受け止められることが多かった。そんななか、坂本が日本語で歌う「スキヤキ」は、ビルボードのシングルチャートで3週にわたり第1位を獲得した。

以来、そのソウルフルなメロディーは、国内外の数え切れないほどのアーティストにカバーされたり、サンプリングされたりしてきた。一般のアメリカ人には意味が分からないアジアの言語の曲が、全米ナンバーワンに輝いたのは後にも先にも「スキヤキ」だけだ。

その記録は、韓国の人気グループBTS(防弾少年団)がこの9月、新曲「Dynamite」で、ビルボードのシングルチャート初登場第1位の快挙を成し遂げた今も変わらない。なぜか。それは「Dynamite」が英語で歌われているからだ。

BTSはRM(アールエム)、SUGA(シュガ)、JIN(ジン)、J-HOPE(ジェイ・ホープ)、JIMIN(ジミン)、V(ヴィ)、そしてJUNGKOOK(ジョングク)の男性7人組のグループだ。

キレッキレのダンスと、キャッチーなメロディーにラップを絡めた曲、そして今や世界中に存在する熱烈なファン(ARMY[アーミー]と呼ばれる)の猛プッシュで、数あるKポップグループの中でも群を抜く成功を収めてきた。

韓国語にこだわったが

だが、これまで彼らの曲は基本的に韓国語だった。本格的にアメリカに進出してからも変わらない。2017年にアメリカン・ミュージック・アワードで歌った「DNA」も、2018年にABCの朝の情報番組『グッドモーニング・アメリカ』で歌った「IDOL」も、2019年にNBCのコメディー番組『サタデー・ナイト・ライブ』で披露した「Boy With Luv」も韓国語だった。

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、トランスジェンダーの米軍入隊禁止取り消

ビジネス

米国株は日中高値から後退、刺激策巡り懸念 ナスダッ

ワールド

独首相、バイデン米大統領と初の電話会談 連携確認

ワールド

トランプ氏弾劾裁判、上院最古参のリーヒ議員が裁判長

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 4

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 5

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    ブレグジットしたら意味不明なルールから解放された件

  • 8

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きてい…

  • 9

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎え…

  • 10

    新型コロナウイルス、重症化する人としない人は「口の…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 8

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 9

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 8

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月