最新記事

カルチャー

トランプも敵わない、Kポップファンの知られざるパワー

K-Pop Has Always Been Political

2020年07月28日(火)16時00分
ジョシュア・キーティング

BTSの熱烈なファン「アーミー」は、アーティストを応援する以上のパワーを持つようになった MYDAILY/AFLO

<アーティストを応援するだけにとどまらず政治的な影響力も持ち始めた韓流ファンの底力>

この秋、再選を目指すドナルド・トランプ米大統領が、新型コロナウイルス感染症の影響で控えていた政治集会を再開したのは6月20日のこと。事前の発表によると、無料チケットの申し込みは100万人を超え、会場に入り切れない人のために屋外にも舞台が設置された。

ところが当日、オクラホマ州タルサの会場はガラガラ。「会場に入り切れない人」も事実上ゼロだった。その原因とされたのは、トランプを嫌う全米のKポップファンと若者が大量のチケットをオンライン予約し、当日姿を見せなかった、というものだ。

アメリカの政治ニュースがらみで「Kポップファン」という言葉が登場したのは、これが初めてではない。5月末から再燃したBLM(ブラック・ライブズ・マター=黒人の命は大事)運動でも、Kポップファンの組織力が注目を集めた。

ダラス市警が「デモ隊による違法活動」の動画通報を促すアプリをリリースしたところ、Kポップファンがお気に入りのアーティストの動画を大量に投稿して、アプリを役立たずにしてしまったというのだ。男性グループBTS(防弾少年団)がBLM運動に100万ドルを寄付したのを受け、彼らのファンも独自に100万ドルを集めて寄付したニュースも話題になった。

Kポップといえば、やたらと人数の多いグループが、一糸乱れぬダンスと歌を披露するジャンルというイメージが圧倒的に強い。そんな彼らのファンが、なぜ政治的な活動に(独特の形で)関与するようになったのか。

実は、Kポップは昔から政治と切っても切れない関係にある。

韓国政府が音楽をはじめとするポップカルチャーに投資するようになったのは、1990年代末の金大中大統領時代のこと。97年のアジア通貨危機で経済に大打撃を被った韓国は、巨額のインフラ投資をすることなく、迅速に強化できる産業を探していた。

政府主導で韓流が成功

そこで白羽の矢が立ったのが、映画や音楽などのポップカルチャーだった。文化省の予算が大幅に増やされ、文化活動に投資する機関がいくつも設立された。

こうして生まれた「韓流」は、世界的な成功を収めてきた。今や韓国は世界有数のポップカルチャー大国だ。アジア全域で高視聴率を稼ぐテレビドラマにも、映画『パラサイト 半地下の家族』の米アカデミー賞作品賞受賞にも、Kポップの世界的な人気にもそれは表れている。

ニュース速報

ワールド

豪、自宅待機手当導入へ ビクトリア州は小売など営業

ビジネス

ユーロ圏製造業PMI、7月改定値は51.8 19年

ビジネス

コロナ収束前のGoToは歳出の無駄、消費減税は効果

ワールド

インド内相がコロナで入院、新規感染5日連続で5万人

RANKING

  • 1

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    ロックダウン中、世界各地で早産が激減していたこと…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 3

    ロックダウン中、世界各地で早産が激減していたこと…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ルポ新宿歌舞伎町 「夜の街」のリアル

2020-8・ 4号(7/28発売)

コロナでやり玉に挙がるホストクラブやバーの店主 彼らは本当に「けしからん」存在なのか

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!