最新記事

K-POP

ビルボード1位獲得のBTS──ダイナマイトな快進撃の舞台裏

2020年10月1日(木)18時30分
クリストファー・モランフィー(音楽チャート評論家)

maglifestyle201001_BTS2.jpg

ニューヨークのイベントで声援を送るファン(19年5月) DREW ANGERER/GETTY IMAGES

メンバーの中でも英語が堪能なRMは昨年、「アメリカでナンバーワンになるために、自分たちらしさやアイデンティティーを変えたいとは思わない」と語っている。「突然、全て英語で歌ったり、全てを変えてしまったりしたら、BTSではなくなってしまう」

では、「Dynamite」をなぜ英語で歌ったのか。

その答えとして真っ先に思い付くのはラジオだろう。車社会のアメリカでは、ラジオでどのくらい曲がかかるかが、ヒットチャートの上位に行けるかどうかを決める大きな要因になる。

その点、BTSには2つのハードルがあった。まず、主なファン層が10代の若者で、ラジオの広告主にとって魅力的なターゲットではないこと。そしてBTSの曲には、アメリカのリスナーが一緒に声を張り上げて歌える英語のサビがなかったことだ。

ただ、「Dynamite」の成功の理由は今のところ、ラジオで頻繁に流れているからではなく、緻密に計算されたサウンドにありそうだ。筆者は初めてこの曲を聴いたとき、これは歌詞の言語に関係なくスマッシュヒットになると確信できた。

70年代のディスコ調に

もちろん、これまでのBTSの曲も十分ポップだった。「FAKE LOVE」はムーディーなエレクトロポップだし、アメリカの人気シンガーのホールジーをゲストに迎えた「Boy With Luv」はバブリーなポップ&ブルースだった。

だが、そのどれも病みつきになるようなサウンドではなかった。「Dynamite」はこれに対して、アメリカで確実にヒットするように作られた精密兵器と言っていい。

曲を書いたのは、イギリス人のデービッド・スチュワートとジェシカ・アゴンバー。アゴンバーはこれまでに、ヘイリー・スタインフェルドやジョナス・ブラザーズといった若手アーティストに曲を提供してきた。

プロデューサーも務めたスチュワートがローリングストーン誌に語ったところによると、「Dynamite」はBTSのアメリカのレーベルであるコロンビア・レコーズの「テンポがよくて、エキサイティングな曲」が欲しいという依頼を受けて書かれた。

そこで取り入れられたのが、今トレンドのディスコ・ポップだ(Kポップの面白いところは、これといった特徴的なサウンドがあるわけではなく、念入りにつくり込まれた韓国人アーティストが歌えば、どんな曲でもKポップになることだ)。

実際、ほとんどの批評で「Dynamite」はディスコ・ポップと見なされている。最近はデュア・リパからレディー・ガガまで、多くの人気アーティストが1970年代を彷彿させる曲を発表している。BTSもそのトレンドに乗って、見事に世界のチャートを制覇したわけだ。

ニュース速報

ワールド

再送-情報BOX:バイデン政権の閣僚・要職候補者の

ビジネス

ユーロ圏CPI、11月速報値は前年比ー0.3% 4

ワールド

菅首相と小池都知事、高齢者などのGoToトラベル自

ビジネス

イタリア成長率、第3四半期は前期比+15.9% 回

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 3

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、バイデンのリードが拡大に

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 6

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 7

    「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 10

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 9

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月