最新記事

映画

コロナ危機の今こそ見るべきパンデミック映画7選

Pandemic Films in a Pandemic

2020年5月7日(木)18時30分
北島純

ハッピーエンドのゾンビ映画なら、ブラッド・ピット主演の『ワールド・ウォーZ』(2013年)はどうだろう。

従来のゾンビが遅い動きなのに対して、この映画のゾンビ(Z)はものすごく足が速い。ブラピが演じる主人公は国連の元捜査官で、米大統領も死亡し文明が崩壊しようとする最終世界大戦のさなか、洋上の空母に避難した国連事務次長に頼まれZ誕生の真相を突き止めようとする。

撮影時のドタバタにもかかわらず、この映画を魅力的にしているのは卓越したブラピの演技力。同じくウイルスで人類がほぼ絶滅する世界を描いたテリー・ギリアム監督の怪作『12モンキーズ』(1996年)出演時とは段違いだ。

ウイルスではないが病原菌は宇宙人とも共演する。トム・クルーズが主演したスティーブン・スピルバーグ監督の『宇宙戦争』(2005年)は、宇宙人による地球征服寸前に、地上のバクテリアに耐性がなかった宇宙人がバタバタと倒れ人類が救われる、というストーリー。コロナ禍の現在、細菌に救われる話は微妙かもしれないが。

「人類2度消滅」の衝撃

ウイルスを悪用して権力を奪取した独裁者を逆に倒すという映画はどうか。ウォシャウスキー兄弟(当時)製作・脚本の『Vフォー・ヴェンデッタ』(2006年)は、収容所での人体実験で開発されたウイルスをばらまいた看守一味が、時間差でワクチンを提供して大儲けするだけでなく、社会不安をあおって政治権力を握り独裁政権を樹立する。実験台にされた男が復讐に立ち上がる筋書きは一定のカタルシスを与えてくれるが......人間不信に陥るかも。

ウイルスとの闘いというスペクタクルだけでなく人間愛の称揚、加えて救いとカタルシスが感じられるパンデミック映画はないのか。あった。小松左京原作、深作欣二監督の『復活の日』(1980年)だ。

東ドイツの陸軍細菌戦研究所から持ち出された細菌兵器の輸送中に飛行機が墜落。あっという間にウイルスが拡大する。「イタリア風邪」と命名された強力な感染力と毒性を持つこのウイルスに各国政府はなすすべがなく、1982年秋、人類は全滅する。しかし、極寒環境ではウイルスが不活性化することから(地球温暖化が進んでいなくてよかった)、南極大陸の基地要員863人と原子力潜水艦の乗組員だけは生き延びていた。

ニュース速報

ビジネス

伊藤忠と仏産業ガス大手、水素供給網構築で協業 車用

ワールド

米経済対策法案、最低賃金上げは盛り込めずと上院専門

ワールド

米NY市で新たな変異株広がる、南ア型と類似点 研究

ワールド

焦点:バイデン氏のコロナ対策、全米支持でも「超党派

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった職業、下がった職業

  • 3

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ記事)

  • 4

    日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 7

    免疫機能調整で注目のビタミンD、取り過ぎるくらいが…

  • 8

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 9

    医療「非」崩壊──医療現場が示す新型コロナ4つの新…

  • 10

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 4

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 5

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 6

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月