最新記事

映画

『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危うい映画

The “Joker” Isn’t Political?

2019年10月5日(土)19時45分
サム・アダムズ(スレート誌映画担当)

ジョーカーを演じた主演のフェニックスは大幅に体重を落として役に臨んだ ©2019 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED TM & ©DC COMICS

<バットマンの敵役ジョーカーの原点を描き、その疎外感に共感を寄せる『ジョーカー』。トランプ時代の空気を映し出している作品だが>

『ジョーカー』の舞台は1981年の腐臭漂うニューヨーク(※)ゴッサム・シティ。映画の冒頭近くで、主人公アーサー・フレックは道化師姿で看板持ちの仕事をしていたとき、中南米系とおぼしきギャングたちに嘲笑され、暴行を受ける。

※映画の舞台を誤って「ニューヨーク」と記載していました。お詫びして訂正します。(2019年10月7日11時20分)

白人が不当に迫害されているという描かれ方は、近頃では珍しくない。これは、ドナルド・トランプ米大統領が巧みに利用してきたストーリーでもある。

『ジョーカー』は、コミックや映画で絶大な人気を誇る「バットマン」シリーズの敵役ジョーカーの原点を描く映画だ。のちのジョーカーであるアーサーを演じるホアキン・フェニックスは、この仕事のために大幅に体重を減らした。骨が浮いて見える背中はあまりに弱々しい。

しかし、アーサーをかわいそうだと思う前に、彼の境遇を理由に自らの怒りを正当化しようとする人間が出てこないか警戒すべきかもしれない。

『ジョーカー』の作品内でも、アーサーは思想や運動のシンボルに祭り上げられる。酔った証券ブローカーたちに地下鉄の車内で絡まれた道化師姿のアーサーは相手を殺して逃走。この事件をきっかけに、恵まれたエリート層への憎悪が社会に拡大し始め、アーサーはヒーローのように位置付けられる。

監督のトッド・フィリップスは「政治的な映画では全くない」と述べているが、政治的な色彩を帯びた作品であることは明らかだ。今日の社会の空気を、正体ははっきりしないけれど誰もがなじみのあるキャラクターに落とし込んでいる。

憎悪の炎が広がっていく

ジョーカーというキャラクターにすごみを与えてきたのは、人物像の読み取りにくさだ。それでも、アーサーが精神を病んでいることははっきり分かる。その病に拍車を掛けているのは、コミュニティーと社会的セーフティーネットの不在だ。

『ジョーカー』の建前は、アーサーを理解しつつも、その行動は容認しないこと。しかしオルト・ライト(白人至上主義の極右勢力)は、自分たちのメッセージをオンライン上で拡散させるために、この映画に登場する要素を利用し始めている。

もともとオルト・ライトたちは、そうした素材に事欠かなかった。それでも映画会社や俳優や監督は、せめて新たな素材を提供することを避けるべきだったのではないか。

ニュース速報

ワールド

豪消費者信頼感指数、12月は1.9%低下 

ビジネス

仏金融市場庁、国債価格操作でモルガンSに2200万

ビジネス

米カルパース、運用資産の2割に気候変動リスク 初め

ビジネス

香港の反政府デモ、台湾総統選に「利用」していない=

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 2

    東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お台場に懸念の米水泳チームが訴え

  • 3

    筋肉だけでなく、スピード・反射神経も高める「囚人筋トレ」の最終形

  • 4

    日本の格差社会が「お客様」をクレーマーにし、店員…

  • 5

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 6

    フィンランド、34歳女性首相に託されたリベラルを救…

  • 7

    米下院のウイグル人権法案、中国が香港問題以上に反…

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    対中感情が欧米で悪化──米加は過去最悪(米調査)

  • 10

    「生理ちゃんバッジ」に中国人が賛成だった理由

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 4

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 9

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 10

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月