最新記事

トレーニング

ジム通いもプロテインも不要な「塀の中の筋トレ法」が日本上陸

2017年8月25日(金)11時52分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

そこからじっくりと段階を上げていけば、ステップ5に差しかかった頃には、下記のような境地に至れるらしい。


モチベーションが沸騰している。そして、水中でプッシュアップしているように抵抗が少ない。ここでも自分をフル・プッシュアップに捧げる。痛みがないので、1レップに集中できる。フォームも崩れない。1レップに愛情を注ぎ、フォームを完璧なものに仕上げていく。本人は気づいていないが、この姿勢が彼をさらに強くしていく。(297~298ページ)

それにしても、最高難度に設定された、片腕だけのワンアーム・プッシュアップは、えげつない過酷さだ。普通の男なら0回でギブアップだろう。一度ひじを曲げたが最後、そのまま床に顎を打ちつける。ステップ1からの順序を遵守すれば、いつかできるようになるのだろうか。

convictbook170825_5.jpg
convictbook170825_6.jpg

ステップ10のワンアーム・プッシュアップ(『プリズナートレーニング』91ページ)

それすらも難なくこなせるようになった猛者ならば、ジョーお得意の片親指プッシュアップ(ワンサム・プッシュアップ?)に挑戦してほしい。

しかも、本書では「その先へ」と題して、究極難度のプッシュアップが紹介されている。98ページ掲載の「プランク」に至っては、テレビで観かける体操選手以外で、できる人がいるのかと信じられないぐらいだが、全身をバランスよく鍛え上げて「ビッグ6」を極めれば、不可能ではないのだろう。

convictbook170825_7.jpg

プランク(『プリズナートレーニング』98ページ)

あなたのその体の中に、数え切れないほどの難関が次々と待ち構えている。それがキャリステニクスの奥深さである。

無の中に、有を見いだす。真の幸せを、内なる原点に求める。その点でキャリステニクスは、東洋人の感覚でも自然と受け入れやすい筋トレ法といえる。

もちろん、尊敬できるトレーナーや同好の友との出会いを得やすいなど、ジム通いにも大きな長所があるのは確かだ。しかし、かっこよく健康的な体を得るのに、ジム通いしか選択肢がないという認識が間違いであると、本書は雄弁に物語っている。


『プリズナートレーニング――
 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ』
 ポール・ウェイド 著
 山田雅久 訳
 CCCメディアハウス

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 8

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 9

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 10

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月