最新記事

トレーニング

ジム通いもプロテインも不要な「塀の中の筋トレ法」が日本上陸

2017年8月25日(金)11時52分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

著者には、キャリステニクスの師匠がいた。ジョーという終身刑囚だ。片手の親指だけでプッシュアップ(腕立て伏せ)をこなし、「悪魔のように強かった」らしいが、塀の中で息絶えた。

何のために、日々苦しみ抜いて体を鍛えたのか。犯した過ちへの反省、被害者への償い、最初のうちはそんな殊勝な動機も込められていたかもしれないが、いつしかトレーニング自体が「生きている証」で「誇りの源泉」であり、「友を作る手段」へと転化していったに違いない。

プッシュアップ(腕立て伏せ)だけで10ステップ

本書では、以下の6種目(ビッグ6)について、それぞれ10のステップが紹介されている。

●鎧のような胸をつくり、関節や腱を強化する「プッシュアップ(腕立て伏せ)」
●エレベーターケーブルのような太ももをつくり、足腰の若さを保つ「スクワット」
●大砲のような上腕をつくり、広背筋の眠りを覚ます「プルアップ(懸垂)」
●腹を殴ってきた拳のほうが痛くなるほど頑丈な"地獄のシックスパック"をつくる「レッグレイズ(脚挙げ)」
●筋トレ愛好家ですら軽視しがちな背骨を鍛える「ブリッジ」
●男性性を純粋にアピールする健康的でパワフルな肩をつくる「ハンドスタンド・プッシュアップ(逆立ち腕立て伏せ)」

この「ビッグ6」は、解剖学や運動療法に基づき、人体すべての筋肉を働かせる基本動作で、6つの動作が融け合ってひとつになる。6つを超えるトレーニングはやり過ぎで、5つ以下だと、体のどこかに未発達の筋肉ができてしまうのだという。

各ステップごとに見開き2ページでまとめられ、写真や、時にイラストも交えて分かりやすく説明されている。どのような動きが要求されているのか、理解できずに戸惑うことはまずないだろう。

終盤では、筋肉を極限まで追い込まないこと、飲酒を控えること、トレーニング記録を取ることの大切さなども綴られている。

プッシュアップだけで10種類だ。その数字だけを見ると相当マニアックな筋トレ本に思えて、おじけづいてしまいそうだが、心配は無用である。誰もが知っている普通の腕立て伏せ(フル・プッシュアップ)よりも負荷が小さい4種のプッシュアップが載っており、筋トレに自信のない初心者にも入りやすい、意外と優しい構成となっている。

なお、本書をパラパラと読んで、ステップ5のフル・プッシュアップから始めようとするのは、近いうちに挫折する「馬鹿げたやり方」だと、著者は断言する。

convictbook170825_1.jpg
convictbook170825_2.jpg

ステップ5のフル・プッシュアップ(『プリズナートレーニング』81ページ)

遠回りだと感じられても、まずは最も簡単なステップ 1のウォール・プッシュアップに1カ月間こだわるべきだという。簡単にこなせても侮らず、丁寧に1回1回を噛みしめることが重要だ。

convictbook170825_3.jpg
convictbook170825_4.jpg

ステップ 1のウォール・プッシュアップ(『プリズナートレーニング』73ページ)

【参考記事】 4時間で肉体改造した男

ニュース速報

ビジネス

米株、終盤に下げ転換 コロナ経済対策巡る協議膠着に

ワールド

米副大統領候補にハリス氏、バイデン氏が起用 黒人女

ビジネス

ドル小幅高、米コロナ追加対策協議の行き詰まりで=N

ワールド

原油先物1%安、米コロナ追加対策への期待後退で

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 7

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 8

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 4

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 7

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月