最新記事

BOOKS

無宗教のアメリカ人記者がイスラム教に心の平穏を見出すまで

2015年10月19日(月)16時25分
印南敦史(書評家、ライター)

 コーランでは聖母マリアが「マルヤム」として登場し、アクラムはマルヤムのことを「『アッラーのために』自らたいへんな役割を負った」と説明する。そしてイエスは神の子ではなく、だから「十字架にも掛けられておらず、生きたまま天にあげられた」と考えられている。

 挙げていけばきりがないが、こうして著者はアクラムとの交流を通じ、いままで明かされてこなかったイスラムの、そしてコーランの"真実"と直面していく。つまりここに描かれているのは、そのプロセスなのだ。しかもそれらはトピックスとして劇的に、感情的に語られるのではなく、あくまで淡々と、客観的に示されていくことになる。

 とはいえ、宗教についての考え方は人それぞれだし、非常にセンシティブな問題でもある。私もコーランは読んだことがないし、そもそもイスラム教やコーランについて非信者としての立場から完全に理解しようなどということ自体がナンセンスであることも理解している。

 しかし、だからこそ本書は、これまでの無知や偏見について考えなおす余地を読者に与えるだろう。そしてそれは、なんらかの平穏な感情を与えてくれることになるかもしれない。それは、著者にしても同じだということが、終章を読むとわかる。


私は改宗しなかった。しかし、(中略)コーランを勉強したこの一年は、私に数多くの恩寵の時をもたらしてくれた。コーランを読みながら、「諸天と地とその間のものの主にして、諸々の(光の)昇る処の主」(コーラン第三七章五節)の姿を思い浮かべるとき、私は自分という存在の小ささを思い、そのことに慰められた。信者ではなくとも、コーランの授業は私にとって穏やかな入り江のようで、私はそこに日常生活からの避難所を見出した。(398~399ページより)

 これはあくまで個人的な感情だが、「コーランの授業は私にとって穏やかな入り江」というフレーズを目にしたとき、私自身のなかにも"穏やかななにか"が通りすぎたような気がした。とはいえ本書を読了したからといって、イスラム教やコーランを理解できたなどとははなから考えていない。しかし「信者ではなくとも」という部分が強いインパクトを放つ上記の引用部分には、イスラム教、もしかしたらすべての宗教に対して考えるべき大切なポイントが隠れているようにも感じたのだ。

<*下の画像をクリックするとAmazonのサイトに繋がります>


『コーランには本当は何が書かれていたか?』
 カーラ・パワー 著
 秋山淑子 訳
 文藝春秋

ニュース速報

ビジネス

アングル:キーエンス、時価総額でソフトバンクG超え

ビジネス

午前の日経平均は小反発、円安と米株先物高が支え

ビジネス

仮想通貨を取引しているのは機関投資家の10%、JP

ワールド

米上院超党派グループ、インフラ計画でバイデン氏と2

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 2

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の正体は?

  • 3

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環境破壊と難民危機

  • 4

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 5

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    インドの「スーパースプレッダーイベント」、虚偽の…

  • 10

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月