最新記事

教育

激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

2022年8月15日(月)13時02分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

xavierarnau-iStock

<英語が必修になり、パソコン/タブレット端末は1人1台配布──教育の「大改革」が進んでいる。これから10年後、社会で通用する人間になるために必要なことは何か>

小学校で英語が必修になり、小中学生全員にパソコンもしくはタブレット端末が配布されていくなど、教育現場の大改革が起きている。「グローバルな技術革新への登竜門を子どもたちへ」との理念を標ぼうする「ギガスクール構想」である。

31歳から本格的に英語を学習し、米国のグーグル本社で副社長を務めた村上憲郎氏は、このギガスクールで育った第一世代が、これから10年後、日本の「会社を大変革させる」と言う。「成績が良い」の基準が、劇的に変わるからだ。

その基準とは何なのか。これから求められる優秀な人材とは何か。

大ベストセラー『村上式シンプル英語勉強法』でも知られる村上氏はこのたび、『Googleが教えてくれた 英語が好きになる子の育てかた』(CCCメディアハウス)を出版。英語力の伸ばし方だけでなく、子供も大人も目的をもって自分を更新し続ける米国流教育の秘訣をわかりやすく記した同書から、3回に分け抜粋する(この記事は第2回)。

※第1回:グーグル元副社長が教える、英語が下手な親でも子どもの英語力を伸ばせる方法

◇ ◇ ◇

ギガスクール構想──日本の教育の大改革

いまから2、3年ほど前の話です。世界各国がオンライン授業を導入しはじめたとき、「日本だけがうまくできないのではないか」という話になりました。いまでも日本のデジタル技術の導入や活用の遅れは問題になっていますが、すでに世界との差は認識されていたわけです。

そこで文部科学省が予算をつけ、2020年の3月31日までに、小中学生全員にパソコンもしくはタブレット端末を配布することが決まり、実行しました。これが「ギガスクール構想」と呼ばれるプロジェクトです。

「ギガ」は「GIGA」で、「Global and Innovation Gateway for All(グローバルな技術革新への登竜門を全員の子どもたちへ)」の意味を持つ名称です。ということで、日本の教育の世界ではすでに大きな変革がはじまっています。

もちろん、初年度の2021年度は、新しい文房具(パソコン)を使いこなすのが精いっぱいでした。先生も生徒たちも、四苦八苦だったようです。しかし、徐々に、単に新しい文房具を使いこなすといった段階から、さらに先へ進み、新しい教育の試みがはじまっています。


Googleが教えてくれた 英語が好きになる子の育てかた
 村上憲郎 著
 CCCメディアハウス

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ハリス米副大統領、非武装地帯訪問へ=韓国首相

ワールド

ウクライナ4州の住民投票終了へ ロシア動員抗議続く

ワールド

自由で開かれたインド太平洋実現へ、日豪首脳会談で岸

ワールド

安倍氏の一般献花始まる、午後に国葬 首相は弔問外交

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 7

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月