最新記事

英語学習

グーグル元副社長が教える、英語が下手な親でも子どもの英語力を伸ばせる方法

2022年8月12日(金)12時40分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

maruco-iStock

<実は31歳から英語を勉強し始めたという、前グーグル日本法人名誉会長の村上憲郎氏。日本の「普通」の家庭でも、子どもに英語運用能力を身につけさせるための環境をつくることは可能だという>

小学校で英語が必修になり、学校教育の現場でも、家庭でも混乱が起きている。英語に苦手意識がある親は、子どもの英語教育にどう向き合えばよいのか?

実業家の村上憲郎氏は、米国のグーグル本社で副社長を務め、グーグル日本法人の前名誉会長としても名が知られるが、実は31歳で米国系のコンピュータ会社に転籍するまで、英語運用能力ゼロという状態だった。

つまり、子どもに英語を習得してもらいたいと思いつつも、自分自身が英語を話せないために不安を抱えている親と、同じようなレベルだったわけだ。

村上氏によれば、そうした親にとって大切なのは、子どもに教えるのではなく、ともに学ぶという視点を持つこと。そのために、日本に居ながら今すぐ取り入れられる方法とは何だろうか。

英語の早期教育をすでに行っている経済的に余裕のある親ではなく、「子どもに英語運用能力を身につけさせたい」と考えるすべての親のために、村上氏はこのたび、『Googleが教えてくれた 英語が好きになる子の育てかた』(CCCメディアハウス)を出版した。

村上氏がアメリカで体験した英語子育て法をまとめた同書から、子供も大人も目的をもって自分を更新し続ける米国流教育の秘訣を3回に分け、抜粋する(この記事は第1回)。

◇ ◇ ◇

親も「英語恐怖症」をやめる

「いまさらわが子を、海外に留学させることなんてできない‼」

そういう方も、もちろん大丈夫です。Chapter 1[編集部注:「子どもたちは『地球人』──世界に目が向くこころを育てる」]で述べたように、私だって30代になってからのアメリカ転進で、ちゃんと英語が話せるようになっています。

仮にあなたのお子さんに同じように海外に行く未来が待っていたとしても、日本でちゃんと英語を使う下地をつくっておけば、私なんかよりはずっと上手に、世界を舞台にして活躍できるようになるはずです。

私が無謀にもアメリカ系の会社に入社したとき、私の英語力は、前章で述べた「インターナショナル人材」のレベルにすら届いていませんでした。ただ、そんな私でも、英語を学ぶために、進んで「英語環境のなかに足を踏み入れる努力」はしたのです。

日本でアメリカ系の会社に入ったあと、たとえば、アメリカの本社から出張に来たアメリカ人がいれば、私は必ず飲みに誘っていました。「日本の料理をご馳走するよ」なんて言って、焼き鳥や焼酎を勧めたりして......。

それで無理やり英語で話すのですが、案外とこれが勉強になったのです。レッスン料も安い居酒屋さんの飲み代だけで済むので、これほどお得なことはありませんでした。

Googleが教えてくれた 英語が好きになる子の育てかた
 村上憲郎 著
 CCCメディアハウス

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ノーベル物理学賞に3氏、量子力学分野でスパコン研究

ワールド

再送北朝鮮の「完全非核化」へ連携確認、日米首脳で会

ワールド

警察の催涙ガス使用は不当、サッカー暴動でインドネシ

ビジネス

武田、副甲状腺機能低下症治療剤の製造を24年末で中

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    【デンマーク王室】「5日前に通告された」称号剥奪でマルグレーテ女王への不満

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 6

    サッカー暴動で死者125人が出たインドネシア、ジョコ…

  • 7

    トランプ演説の間に途中で帰る人が続出!?の異常事態

  • 8

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 7

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 8

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 9

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 10

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月