最新記事

健康

痛みやこり、体の不調で整骨院に来る人の共通点は、体の「前面」しか使えていないこと

2022年6月24日(金)17時25分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

AndreyPopov-iStock.

<偏った体の使い方を続けると、体に不調や痛みが生じる。例えば前傾姿勢による最大のデメリットは「反り腰」で、これは特に女性にとってあらゆる不調のもとだ>

「今日の不調は昨日までの結果です。疲れがとれないのは、十分な睡眠がとれていないから。肩や腰が痛いのは、まちがった体の使い方をしているから」と、東京・門前仲町で整骨院と正しい体の動きを身につけるジムを運営する長島康之氏は言う。

「明日から健康になりたいと思うのであれば、今日からいい意識を持ち、行動をするだけです」

長島氏は、病院でリハビリを指導したり、プロスポーツ選手のトレーナーを務めたりして、延べ12万人の体と向き合ってきた。家事から仕事、食事、「スマホ首」まで、生活の中で背中側の筋肉を使っていない人が多く、その積み重ねが体のゆがみを引き起こすという。

このたび出版した『運動未満で体はととのう』(主婦の友社)で長島氏は、やる気も根性も必要ない方法とコツを分かりやすく解説。習慣化により「一生動ける体になる」「ぐっすり眠れるようになる」「痛み・疲れがなくなる」......と謳う。

本書に記されたアドバイスは「『立ち方』『歩き方』『呼吸』『朝日を浴びる』など、努力しない前提でできるものばかり」だと、長島氏。本書から一部を抜粋し、2回にわたって掲載する(この記事は第2回)。

※第1回はこちら:運動が三日坊主で終わるのは、脳のメカニズムのせい。習慣化のコツは「日常動作」に

◇ ◇ ◇

偏った体の使い方を続けた結果あちこちに不調、痛みが発生

毎日、数十人のクライアントさんと接していますが、みなさんに共通しているのは体の前面しか使えていないことです。

人間の体は背骨で支えられていて、その骨を支えているのは深層のインナーマッスルや表層の大きなアウターマッスルです。本来は背中側のインナーマッスルを使って姿勢を保つようにできています。しかし、立っているよりもイスに座っている時間が増えた現代では、背もたれやテーブルに寄りかかったり、前かがみでデスクワークをしたりなど、日常的に背中側の筋肉が使われず、知らず知らずのうちに衰えているのです。

仕事に限らず、顔を洗うときも、お皿を洗ったり調理をしたりするときも、掃除機をかけるときも、車の運転をするときも......家事や育児、食事、どんな動きも体の前面が使えれば過ごせてしまいます。背中を意識して使うことが減り、体の前面ばかりに負担がかかっています。

さらにスマートフォンの出現により、小さい画面をのぞき込むように首がどんどん前に出る姿勢がクセになっている人が多くいます。いわゆるスマホ首ですね。

考えてみてください。一日のうちスマートフォンを見ている時間がどれくらいあるでしょうか? 起きている間、その姿勢が繰り返されることで、背中の筋肉を使って姿勢を保つという本来の体の使い方ではなく、自己流のまちがった使い方が身につき、「不健康習慣」として刷り込まれてしまうのです。その積み重ねが体のゆがみを引き起こし、痛みやこりなどの不調が生じるようになるのです。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米鉱工業生産、7月の製造業は0.7%上昇

ワールド

国連事務総長、ウクライナ訪問へ 18日にゼレンスキ

ビジネス

米7月住宅着工、1年半ぶりの低水準 許可件数も減少

ワールド

ケニア元首相、大統領選の結果受け入れ拒否 「民主主

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 5

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 8

    【映像】社交的?馴れ馴れしい? 好奇心旺盛な子カ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    おぞましい伝説を持つスコットランド「殺人の洞窟」…

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月