最新記事

語学

英語は「複雑で覚えにくい」、pleaseで失礼になることもある

2019年4月7日(日)10時00分
森田優介(本誌記者)

詳細は上記の記事に譲るが、取材で見えてきたのは、グローバルビジネスの現場で「新しい形のグローバル英語」が標準になってきているということだ。ネイティブ英語そのものではないが、グロービッシュのようなブロークンな英語よりは、はるかに高度で洗練された英語。発音や言い回しは完璧でなくとも、相手への敬意や社会常識がにじみ出て、顧客の信頼を勝ち取れる「品格のある英語」である。

カップと大野による『英語の品格』は、日本で英語に対する誤解――冒頭に引用したカップの言葉にならえば「伝説」――が存在していることを憂えたものだったかもしれないが、グローバルビジネスの時流に沿った本でもあったのではないだろうか。

シャドーイング・多読・オンライン英会話の広がり

本誌の特集では、日本でグロービッシュと似た発想の「3語でOK」的なアプローチが広がっている現状と、その一方で、日本のビジネスパーソン向け英語教育業界に変化のうねりが起きているという、ある種の「希望」も取り上げている。英語教育業界で「シャドーイング」「多読」「オンライン英会話」といった人気の学習法について、言語学研究に裏打ちされたメソッドが広がりを見せているのもよい兆候だ。

果たして日本人は「品格のある英語」を身につけられるだろうか。特集ではカップに、ビジネスの現場で散見される「日本人が使いがちな品格なき表現」を正してもらった。英語で意思疎通ができていると思っている人でもハッとさせられるような「誌上講義」だが、その1例をここで紹介する。

magSR190406english-insert.png

本誌28ページより

英語は確かに難しい。そしてその難しさは、英語という言語そのものだけに由来するものでもない。100万部超のベストセラー『日本人の英語』(岩波新書)著者で、明治大学名誉教授のマーク・ピーターセンは、特集に寄せたエッセーの中で日本の英語教育の問題点をこう指摘している。

「英文読解に時間を割く代わりに、外国人とのコミュニケーションに役立つ英会話を学ばせよう、と思っているようだが、不十分な文法知識と少ない語彙では片言の会話しかできるようにならない」

それでも、好むと好まざるとにかかわらず、これからのビジネスには本当に通じる英語がますます必要になる。そしてそれは、グロービッシュでも「3語でOK」でも、ネイティブ英語でもなく、相手への敬意や社会常識がにじみ出る「品格の英語」だ。

英語が難しくても、その習得法について難しく考える必要はない。英語学習のメソッドは発展し続けており、役立つ教材も日本にはたくさんある。あとはただ一歩ずつ、努力を重ねていけばいい。

【関連記事】日本人が知らない「品格の英語」──英語は3語で伝わりません
【関連記事】日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語』著者が斬る30年間の変遷

20190409cover_200b.jpg

※4月9日号(4月2日発売)は「日本人が知らない 品格の英語」特集。グロービッシュも「3語で伝わる」も現場では役に立たない。言語学研究に基づいた本当に通じる英語の学習法とは? ロッシェル・カップ(経営コンサルタント)「日本人がよく使うお粗末な表現」、マーク・ピーターセン(ロングセラー『日本人の英語』著者、明治大学名誉教授)「日本人の英語が上手くならない理由」も収録。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    【動画】米軍、イラン革命防衛隊が日本のタンカーか…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    世界に誇る『ゴジラ』シリーズ化の原点は、1955年公…

  • 10

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 6

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 7

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月