最新記事

キャリア

スマホメモ:何を、どのアプリで、どうメモれば脳を活性化できるか

2018年12月28日(金)10時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

yoshiurara-iStock.

<スマホを「自分の思考基地」として活用すべきだと、博報堂でトッププレゼンターとして活躍した須藤亮氏は言う。「スマホメモ」の分類法から書くべき内容まで、具体的に指南する>

スマートフォンは今や現代人の必需品だ。さまざまな機能があり便利だが、多くの人がまだ、スマホのメモ欄を活用し切れていないと、マーケティングプランナ―の須藤亮氏は言う。須藤氏は大手広告代理店・博報堂に35年勤め、定年後に独立した。

須藤氏の言う活用法とは「人間の知識創造のベース、『自分の思考基地』としての機能」だ。彼は「スマホメモ」なるメモ術を提唱している。

それは、自分の気づきや知見をどんどんスマホにメモしていくこと。脳の記憶だけでは心もとないが、スマホメモならその心配は無用だ。さらには、頻繁にメモを取ることで、考える時間を確保できる利点まであるという。

「インプットして取り込んだ情報を文字として明示し、それをさらに見返すことで熟成、知見化して、アプトプットに生かす。このサイクルを繰り返すことで、脳が活性化しているのです」と、須藤氏は言う。

ここでは、須藤氏の著書『スマホメモ――仕事と人生の質を上げるすごいメモ術』(CCCメディアハウス)から一部を抜粋し、3回にわたって掲載する。第3回では、スマホメモのやり方を詳しく解説した箇所を抜粋する。

※第1回:日経新聞を読み切れなくても「むしろいい」と、トッププレゼンターが言う理由
※第2回:脳を覚醒させ、定年後も時代遅れにならずにいられる「メモ術」

◇ ◇ ◇

ステップ(1)メモる

では、ここからスマホメモのやり方についてご説明します。

最初にやることは、もちろんメモることです。

でもその前に、メモの格納場所の分類をしましょう。わかりやすいのは、「仕事」「趣味やボランティア」「家庭」の大分類ですが、「投資」でも「不動産」でもなんでもいいでしょう。

仕事ではいろいろなことをやりますから、さらにいくつかに分類していきます。私の場合は、業務や知識の領域別に、「マーケティング」「出版」などに分けたり、担当する得意先や業務別に「インドT自動車」「A書店」「K市」とかに分けています。

smartphonememo181228-chart1.png

『スマホメモ』58ページより

分類自体は、精緻でなくても全体に辻褄が合っていなくてもかまいません。情報量が多くなってくるととにかく大変なので、後で自分で引き出しやすい状況をつくればいいわけです。

分類がすんだら、あとは日頃思うことを"ゆるだら"メモするだけ。しばらくはそうしてメモを溜めていきましょう。

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 2

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に殺到

  • 3

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対策急ぐドイツ

  • 4

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 7

    人工衛星で「夜空に広告」──ロシア新興企業のプラン…

  • 8

    【動画】中国の会社従業員「四つ這い」懲罰に非難殺到

  • 9

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 10

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 6

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 7

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 8

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 8

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月