最新記事

投資の基礎知識

ラップ口座は有益? 金融機関は教えてくれない資産運用法

2018年7月2日(月)10時20分
高橋 忠寛 ※株の窓口より転載

Image Source-iStock.

<投資は難しいものと考えてしまうと、金融機関に任せがちになり、最近人気の「ラップ口座」に申し込んでしまったりするかもしれない。しかし、多くの人にとってはインデッックス・ファンドを利用したほうが効率的だ>

「投資は手間もかかりそうだし、むずかしそう......」と思っていませんか? でも、それは誤解です。投資は決してむずかしいものでもなければ、手間をかけなくてはいけないものでもありません。たしかに、最初は勉強しなくてはいけないこともありますが、基本さえ理解すれば、やるべきことは簡単でシンプルです。

金融機関任せがダメな理由

しかし金融機関は、投資に関するこうした誤解を利用しています。「投資は難しいし手間がかかるので、私たちがそのお手伝いをして差し上げます」というわけです。そのお手伝いが的を射ており、正しい資産運用の手助けをしてくれるならいいのですが、現実はそうではありません。

投資を「むずかしいもの」と捉えてしまうと、つい金融機関の担当者にお任せしてしまいます。その結果、判断も任せがちになり、営業担当者のアドバイスを真に受けて、提案されるがまま数年おきに投資信託を乗り換えたり、「ラップ口座」(後ほど説明します)や「ファンド・ラップ」に申し込んだり......。気がついたら、金融機関にとって都合の良いお客さまになってしまっていた、なんてことになりかねません。

(参考記事)あなたと金融機関は「利益相反」の関係 相談すると損をするかも?

本来、資産運用はむずかしいものではありません。理解できないほどにむずかしい商品は、複雑で手数料の高い"粗悪品"と考えて、選択肢から外してしまえばよいのです。金融機関側は儲からないから積極的には教えてくれませんが、金融商品はシンプルなほど利用者にとっては価値があります。

最近人気の「ラップ口座」とは?

ここで、先ほど出た「ラップ口座」について説明しましょう。どんな商品を、どんなタイミングで売り買いするか、すべてを金融機関にお任せするサービスを「ラップ口座」といいます。かつては富裕層向けでしたが、投資信託を組み合わせる「ファンド・ラップ」という形で、数百万円から利用できるようになりました。

このラップ型の商品を利用すると、運用期間中は毎年3%程度のコストを負担し続けることになります。日本で販売されている5000本を超える投資信託の中から、本当に優秀な商品を選んで、最高のタイミングで売ったり買ったりしてくれるなら、たとえ高い手数料を負担してでも、利用する価値はあるかもしれません。しかし現実には、プロといってもそんなことをできるわけがありません。

アクティブか、インデックスか

運用には、市場平均を上回ることを目指す「アクティブ運用」と、市場平均並みの運用を目指す「パッシブ運用」の2種類があります。そして、アクティブ運用を行う投資信託を「アクティブ・ファンド」、パッシブ運用を行って株価指数などのインデックスに連動する運用を目指すのが「インデックス・ファンド」です。

日本の投資信託は、圧倒的にアクティブ・ファンドのほうが多くあります。金融機関で紹介してくれるのも、ほとんどがアクティブ・ファンドです。プロが市場平均を上回ることを目指して運用しているはずですが、そのパフォーマンスの平均が、実はインデッックス・ファンドを下回っていることは有名な話です。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米国務長官、香港メディア王の逮捕受け中国を非難

ビジネス

米コロナ支援に協調必要、弱者が最大の苦境=シカゴ連

ワールド

独仏首脳会談、今夏開催か 南仏の大統領別荘で=関係

ワールド

米コロナ追加対策協議は膠着続く、与野党双方がけん制

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出で生態系に懸念

  • 3

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 4

    ワクチンめぐり富裕国が仁義なき争奪戦 コロナ対策…

  • 5

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」…

  • 6

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 7

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 10

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月