最新記事

知っておきたい外資系の流儀

日本企業と外資系企業――2つの文化を経験した著者が語る外資系の上手な渡り方

2012年11月13日(火)13時21分
大橋 希(本誌記者)

      中間管理職 自分が外資系で出世できなかった訳も知りたかった、と言う佐藤

 ばりばり働いてものすごい額のボーナスをもらう。徹底的な成果主義で、頻繁に転職をする......そんなイメージの外資系企業で生き残るために知っておくべき心構えは? 日本企業とはちょっと違う、でも意外に泥臭いのが外資系のルールだ。

 NHKを退職してアメリカでMBAを取得した後、帰国して外資系のボストンコンサルティンググループ(BCG)とテレビ局で働いた佐藤智恵(42)は、自らの経験と外資系で働く人々への取材を基に『外資系の流儀』(新潮社)をまとめた。外資系にはどんな人が向いていて、どこが日本企業と違うのか。本誌・大橋希が話を聞いた。

──今回さまざまな人に取材をして改めて発見したことはあるか。

 とにかく発見だらけだった。BCGと外資系テレビ局は少し特殊な業種で、日本で働いている従業員もそれほど多くない。外資系企業についての本を書くにあたってはゴールドマン・サックス、IBM、マイクロソフト、アップル、サムスン、GE、アディダス、スターバックスなど、日本で関心が高い企業をなるべく多く取材するよう心掛けた。

 私は外資系でそんなに出世したわけではないので、なぜ自分が「永遠の中間管理職」だったのかを見つけたい気持ちもあった。その視点から話を聞いてみると、「英文メールの内容には細心の注意を払わなくてはいけない」「長時間労働は成功の必須条件」「日本支社からの海外転勤はどこも至難の業」「たとえ同僚との飲み会でも、会社の悪口は言っちゃいけない」など、そうだったのか! と気付いたことがいっぱいあった。

 上司に逆らってはいけないとか、ものすごく基本的な点も私は知らなかった。正論を吐いて上司とぶつかることもあったが、日本の組織で育った私は「上司は器の大きな父親のような存在」だと信じて疑わず、「温かい目で育ててくれる」と思っていた。今考えるとバカなことをしていた。上司はお父さんではなく、「鬼軍曹」だったのです(笑)。それでは出世はしませんよ、と内永ゆか子さん(元日本IBM専務でベルリッツコーポレーションCEO)なんかに言われちゃったら、ああそうだったんだ......と。

──外資系企業と日本企業の大きな違いは。

 日本企業の論理と、グローバル企業の論理はまったく違う。日本企業は国を背負っているが、グローバル企業は国を背負っておらず、世界全体で1つの国=企業とみなす。国を排除したところでどんなことができるのか、お金という共通言語を使って何を発展させていけるのかと考える。そこが日本企業と違う。

──取材をしたほとんどの人が「苦労もしたが外資で働いてよかった」と言ったとか。弱さを見せられないゆえの負け惜しみではない?

 やはり学んだことが多かったから、辛かったけれど良かった、ということなのだと思う。もちろん「もうこりごり」と言う人もいた。でもあの体験がなかったら、今いる日本企業のよさが分からなかったという人もいる。

 外資系で働いている人は日本全体の従業者の1%くらい。例えば、秘書・アシスタントの世界でも、大手外資系企業出身者は「あの有名なグローバル企業で鍛えられた人」ということで、転職する際にとても箔がつく。王様のような外国人社長の社長秘書だと、それこそ24時間態勢で、プライベートで行くコンサートのチケットを取ったり、レストランの駐車場を探したり、何でもやらなくてはいけないが、そういう人に聞いてみても、ものすごく貴重な体験だったと言う。私自身の体験を振り返っても、特にBCGに在籍した2年間は信じられないぐらい自分の能力が急成長したので、今でも本当に感謝している。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ホンダ、中国苦戦で四輪生産能力削減へ ガソリン車中

ビジネス

中国人民銀、予想外のMLF資金供給 金利引き下げ

ワールド

情報BOX:米大統領選、ハリス氏対トランプ氏で中絶

ワールド

バイデン氏、民主主義擁護へ「新しい世代にバトン」 
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 9
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 10
    バイデン撤退で始動した「ハリス大統領」へのカウン…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中