最新記事

強権アラブ、独裁者の保身術

中東革命の軌跡

民衆が次々と蜂起する
中東の地殻変動を読み解く

2011.05.17

ニューストピックス

強権アラブ、独裁者の保身術

独裁を維持する「恐怖のメカニズム」が示すアラブ民主化の前途多難

2011年5月17日(火)20時01分
ジョン・バリー(ワシントン)、クリストファー・ディッキー(中東総局長)

 独裁政権の崩壊には、一種の儀式が付き物だ。旧体制が構えた拷問部屋の扉が開けられ、電気ケーブルや血痕といった罪の証しが白日の下にさらされる。最悪の独裁者の場合、写真という明白な証拠も残す。サダム・フセイン政権時代のイラクでは、拷問の経過を詳細に記録し、被害者の死の模様さえも撮影した。

 こうして独裁者の血なまぐさい部屋の秘密が明らかになるなか、感情の浄化というプロセスが始まる。責任は誰にあったのか──人々はそれを理解し、しかるべき者の罪が問われる。

 独裁政権が倒れたチュニジアでもエジプトでも、拷問部屋の扉はまだ閉じたままだ。独裁者は去ったが、その側近はとどまり、今や政治の実権を握っている。軍や秘密警察、スパイや密告者の存在も消えていない。

 予想もしなかった民衆の抗議を前に、側近たちは自らの首をつなげておくため、これまで仕えてきた独裁者を追放することを選択した。彼らは自由の実現を約束しているが、このままでは「空手形」に終わりかねない。

 にもかかわらず、米政権はひたすら中東の民主化の芽生えをたたえている。だがそこには、巨大な問題が横たわる。アラブ全域で独裁政権を秘密裏に、あるいは公然と黙認してきたアメリカの長い歴史だ(その点では、イギリスやフランス、イタリアやロシアや中国も同罪だが)。

 アラブ各国で民主化を要求する反政府運動が高まるなか、何より重要なのは「恐怖のメカニズム」を理解することだ。フセイン体制のイラクから亡命した米ブランダイス大学のカナン・マキヤ教授が著書で指摘するこのメカニズムによって、アラブ地域の国王や大統領や宗教指導者は長年権力を維持してきた。その多くは今後も、当分の間は権力の座にあり続けるだろう。

 アラブ地域では、ほぼすべての国が一族支配の下にある。彼らの究極の目標は権力を握り続けること。極端なまでの宗派主義を貫くレバノンを除けば、この地域で支配者が自ら権力の座を退いた事例は1つもない。

 50〜60年代には、クーデターが政権交代の常套手段だった。49年3月から80年12月までにアラブ地域では、計55回のクーデターが発生。そのおよそ半数が政権転覆に成功した。

 その後、権力を手にした新たな独裁者は自身が成功に導いた陰謀から教訓を学び、国民を外の世界からだけでなく、互いからも孤立させた。フセインは反体制的な文書が出回る事態を警戒し、タイプライターやコピー機の私有すら禁じた。

 だが体制存続の真髄は、いかにクーデターを防ぐかにある。米シンクタンクのランド研究所の上級アナリスト、ジェームズ・クインリバンは99年に発表した研究で、独裁体制を守る策を列挙している。第1に、体制の中核を「親族や民族・宗教を同じくする忠臣」で固める。

 第2に、体制護持に尽くす軍事組織を新たにつくる。いい例がイランの革命防衛隊だ。79年のイラン革命後、王制時代から存続する正規軍の影響力をそぐため創設されたこの組織は、最高指導者の命令を絶対とする。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 10

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中