コラム

嘘広告を拡散させる「フェイクブック」のひどさ(パックン)

2019年11月15日(金)16時00分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
嘘広告を拡散させる「フェイクブック」のひどさ(パックン)

Trump’s Phony Facebook Ad / ©2019 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<トランプ陣営がバイデンに関する事実無根の陰謀論をFB広告で拡散させたが、バイデン側からの広告取り下げの要求にFBは応じなかった>

ワシントン・ポスト紙のスローガンは Democracy Dies in Darkness(闇の中では民主主義は死ぬ)。CNNは Most Trusted Name in News(ニュースにおいて、最も信頼されている名前)。ではフェイスブックは? 風刺画では Lies Pay!(嘘は金なり!)だ。

真実を明るみに出し民主主義を守ろうとする新聞や、その名に懸けて情報の信憑性を保証するテレビ局は褒めるべき。でも、リア充自慢中心のSNSなんか関係ないだろう! そう思われがちだが、実はアメリカの成人の7割近くがフェイスブック(FB)利用者で、4割以上はFBでニュースをチェックするという。チェックしなくても、政治系の広告が自然に目に入る仕組みになっているから、情報の配信力や世論への影響力でいうとFBは「報道機関」と変わらない。むしろ、上回るかもしれない。

だが、報道機関との大きな違いはある。オンラインで知り合った人と初めてオフ会で会うと、髪の量や体形がプロフィール写真と違うことがよくあるように、SNSはサイト上の情報の信憑性を気にしない。それはニュースにおいてもだ。

風刺画は、その顕著な例を示している。Trump Ukraine Scandalは「トランプのウクライナ疑惑」。ドナルド・トランプ米大統領がウクライナの大統領に対し、アメリカからの軍事支援の代わりに、トランプの政敵であるジョー・バイデン前副大統領を捜査するよう求めた疑惑だ。2人の電話会談の書き起こし、外交官や大使の証言などの証拠が多く、背任行為だとして下院の弾劾調査のきっかけとなった。日本でいう、チュートリアル徳井さんの申告漏れ並みの大ニュースだ。

一方、Biden Ukraine Scandalは「バイデンのウクライナ疑惑」。バイデンが副大統領時代、10億ドルの支援の代わりに息子関連の会社を捜査する検察官の解雇をウクライナに求めた疑惑......なんてない。事実無根の陰謀論で、フェイクニュースなだけ。だが、そんな映像がFBで流れ、1100万回以上も再生されている。それも広告で、広告主はトランプ陣営。

トランプ側は証拠も見せず、バイデン側は当然、虚偽の誹謗中傷だとして広告取り下げを求めた。だが、FBは応じなかった。政治家の発言を制限すべきではないと説明しているが、別の理由が考えられる。分かるカネ? というか、分かる! 金!

政治広告はビッグビジネス。2016年の大統領選挙中、クリントン陣営とトランプ陣営で合計8100万ドルもFBの広告に支払った。トランプ陣営は今も、3カ月500万ドルのペースで大金をかけている。いちいちファクトチェックをしていたら、FBの収入が激減するかもしれない。

まあ、フェイクニュース禁止へと改めることは難しいだろう。だったら開き直って、名称をフェイクブックに改めれば?

<本誌2019年11月19日号掲載>

20191119issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

11月19日号(11月12日発売)は「世界を操る政策集団 シンクタンク大研究」特集。政治・経済を動かすブレーンか、「頭でっかちのお飾り」か。シンクタンクの機能と実力を徹底検証し、米主要シンクタンクの人脈・金脈を明かす。地域別・分野別のシンクタンク・ランキングも。

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ビジネス

独経済、今年は5.2%縮小へ 従来予想を上方修正=

ワールド

スウェーデン中銀、政策金利0%に据え置き 景気リス

ワールド

インドネシア、2020年の成長率予想引き下げ 最大

ワールド

中国がチベットで労働移動政策強化、職業訓練へて建設

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

※次号は9/23(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではなくトランプ政治

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

  • 7

    関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

  • 8

    EVで世界トップに上り詰めたテスラ、新たな電池戦略 …

  • 9

    トランプのWeChat禁止措置、連邦地裁が仮差し止め命令

  • 10

    台湾・蔡英文総統、菅首相と電話会談予定せず 森元首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 5

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 6

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 7

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 8

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 9

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 10

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!