コラム

「坦克人(タンクマン)」を想起させる「新戦車人」とは?──中国で「白紙革命」が起きる時

2022年12月05日(月)13時08分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
習近平

©2022 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<新疆ウイグル自治区のビル火災を発端に、大都市の大学生たちが習近平を名指しで退陣を要求するデモを行った。天安門事件より大胆だが、歴史は変わるのか?>

「共産党、退陣しろ!」「習近平、退陣しろ!」

11月26日の上海の夜空に響き渡った激しい叫び声は、世界を驚かせた。きっかけはその前々日の24日、新疆ウイグル自治区の区都ウルムチで起きた住宅ビル火災だ。ゼロコロナ対策による封鎖で火から逃げ遅れ、5歳の子供を含む10人が焼死した、と非難が集まった。

火災の動画はネットでまさに炎上し、上海、南京、広州、北京、成都といった中国の大都会の大学生たちが自主的に集まって被害者を悼み、怒りの声を上げた。

3年に及ぶ長いコロナ対策で人々のストレスは限界だ。3年前に初めてロックダウンされたとき、人々はただ「ご飯を食いたい」と叫んだだけだったが、3年後の今、若者はもう何にも恐れず「共産党と習近平は退陣しろ」「皇帝は要らない、民主が要る」と叫んだ。

この勇気ある訴えは、1989年の天安門事件より大胆でしかも直接的だ。トップの権力者を名指しして退陣を要求するデモは、49年の共産中国成立以来、初めてである。

各地の大学生たちが白紙を掲げて抗議に参加した。警察官はこう言ったという。「ロシアでは1枚の白紙を掲げても逮捕される。書かれていなくても、みんな何が問題か知っている」。

中国では、「印刷物を配った男が逮捕された。警察署に着くと、警官はそれが白紙であることに気付いた。男いわく『書かなくても、みな何が問題か知っている』」というソ連の政治ジョークが広く伝わっている。

勇気ある学生たちは一部の教師の応援も得ていた。復旦大学新聞学部の教師2人は警察から学生たちを守るために警察隊とにらみ合い、その写真はネットで拡散された。2人の勇気は天安門事件の直後、戦車の行く手を遮った「坦克人(タンクマン)」を想起させ、「新戦車人」だとネットで評判になった。

中・東欧や中央アジアの旧共産圏諸国でかつて起きた「顔色革命(カラー革命)」を防ぐため、中国の共産党政権はツイッター、フェイスブック、グーグルなど海外SNSの利用を禁止。中国独自のネット環境をつくり、厳しい言論統制を続けている。

しかし今回、白い紙が全てを塗り替えるかもしれない。色はなくても、一枚の白紙が新しい歴史をつくり出す。歴史の流れは止めることができない。

ポイント

坦克人
タンクマン・戦車男。「坦克」は中国語で戦車の意味。天安門事件翌日の1989年6月5日、現場近くの長安大街の路上で、武力鎮圧のため出動した戦車の車列の行く手を遮って立った男性を指す。事件への抗議とみられ、CNNやBBCなど外国メディアに撮影され、世界に知られた。直後に当局者とみられる男に連れ去られたまま、現在まで名前が分からない。

プロフィール

風刺画で読み解く中国の現実

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米FRBが0.25%利上げ、「進行中」の引き締め適

ワールド

FBIがバイデン氏の別荘を捜索、機密文書見つからず

ビジネス

米フェデックス、役員・取締役を10%削減へ コスト

ワールド

EU、「グリーン」産業支援策を提案 米中に対抗

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうやって見る?

  • 3

    12歳子役の「最低主演女優賞」候補入りに批判殺到 子供のノミネートは過去にも

  • 4

    「服と関係ない」「不快」 裸のモデルの胸に手術跡..…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    卵1パック974円──アメリカで超高級食材になってしま…

  • 7

    本を読まないヘンリー王子の回顧録は「文学作品とし…

  • 8

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    ロシア、ウクライナ東部バフムト近郊で攻勢強める …

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 5

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 6

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 7

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 8

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 9

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 10

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中