コラム

「川普(トランプ)が負けたらウンコを食べる!」米大統領選で対立する中国人のむなしさ

2020年11月27日(金)16時00分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

China's Trump Lovers and Haters / (c)2020 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<選挙権がないのに家族同士でけんかをしたり、友人と絶交したりする始末。「川普(トランプ)」をめぐる中国人の論争は真剣そのもの>

あなたは「川粉(トランプファン)」? それとも「川黒(アンチトランプ)」? 米大統領選をめぐって深刻な二極分断が起きた。もっともアメリカ社会ではなく、中国SNS微信(ウェイシン)の記事共有機能、モーメンツ(朋友圈)での話だ。

アメリカの選挙権がないのに、「川普(トランプ)」をめぐる中国人の論争は真剣そのもの。家族同士でけんかをしたり、友人と絶交したりするほどだ。「もしトランプが負けたら俺はウンコを食べる!」という、とんでもない賭けをした「川粉」も現れた。

さらに面白いことがある。現在の「川粉」と「川黒」たちは、それぞれ4年前の立場から完全に逆になっているのだ。4年前、中国人「川粉」は愛国者ばかり。彼らはトランプがあくまでもビジネスマンで政治に無関心、経済最優先だろうと思い込み、その当選は中国に有利だと信じ応援した。だが、その結果起きたことは想像と正反対だった。次々に繰り出される貿易関税、ファーウェイ(華為技術)への禁輸強化、中国人留学生や研究者のビザ取り消し、新型コロナの中国非難......。4年後、かつての「川粉」たちは「川黒」に変わった。

その反対に4年前、トランプの当選で「アメリカの崩壊だ」と悲嘆した「川黒」たちは今、トランプの再選を支持する「川粉」に変身した。彼らはアメリカ的価値観に憧れる中国の自由派だが、なぜトランプ支持に変わったのか。

「私はトランプファンではないが、トランプの再選を支持する」。4年前、トランプを批判した天安門事件の学生リーダー王丹(ワン・タン)もその1人だ。トランプは確かにアメリカのリベラルな価値観を傷つけたが、世界的な民主主義と自由精神を破壊しているのは中国共産党。バイデンの対中政策はあまりにも手ぬるく、嘘ばかりの中国政府に対してはトランプのような強硬策が必要だ──トランプを支持する自由派中国人はそう考えている。

彼らの考えも理解できる。だが、外圧で中国共産党を崩壊させても、中国に民主と自由が当然のように到来するのか? その国の人々の覚醒がない限り、1つの独裁政権が倒れても、新たな独裁政権がやって来るだけではないか? 作家・魯迅が目指した「中国人の覚醒」はまだ遠い。

【ポイント】
你川黑!/ 打你个川粉!/ 严禁翻墙/ 川粉黑名单
このアンチトランプめ!/トランプファンのおまえをやっつけてやる!/壁越え厳禁/トランプファンのブラックリスト

王丹
1989年の民主化運動・天安門事件のリーダーの1人で、事件後に逮捕・投獄。国際的な圧力で1998年に仮釈放されアメリカへ亡命。現在は中国現代史を教えながら中国の民主化運動を続けている。

<本誌2020年12月1日号掲載>

20210427issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

4月27日号(4月20日発売)は「歴史に学ぶ 感染症の終わり方」特集。ペスト、スペイン風邪、天然痘……はどう消えた? コロナ収束の道筋を3つのシナリオから読み解く。

プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ビジネス

べインキャピタル初の日本特化ファンド、10億ドル調

ビジネス

世界の新車販売、40年には全てEVとFCVに=ホン

ビジネス

百度と吉利のEV合弁、5年間で77億ドル投資へ=C

ビジネス

3月全国百貨店売上高は前年比21.8%増、18カ月

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 2

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカの「頭の固い」ファンを黙らせた

  • 3

    中国ワクチン、有効率わずか50% 南米に動揺と失望が広がる

  • 4

    南シナ海で中国の空母の演習を「監視」する米海軍艦…

  • 5

    インドネシア海軍潜水艦、潜行中に消息不明に ドイ…

  • 6

    日米首脳会談で起きた3つのサプライズ

  • 7

    テスラ、中国の消費者に謝罪 モーターショー「ブー…

  • 8

    時価総額はついに1兆ドル! ビットコインのすさまじ…

  • 9

    今後、日本語は長くてくどくなる──コミュニケーショ…

  • 10

    「米軍は中国軍より弱い」とアメリカが主張する狙い…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 3

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 4

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 5

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 6

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 9

    史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

  • 10

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 6

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中