コラム

「ウイルス逆輸入」のレッテル──中国人留学生に祖国は総スカン

2020年03月30日(月)14時20分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

©2020 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<新型コロナウイルスの感染者が爆発的に増加するヨーロッパから「安全地帯」を求めて逃れてきたにもかかわらず、祖国の同胞からは猛批判を浴びる羽目に>

「中国以外は8万7182例。逆転した! 」

これは人民日報の3月16日のSNS「微信(WeChat)」への投稿。新型コロナウイルスの中国以外の感染者数が初めて中国を超えたことを勝ち誇っているようだ。

3月に入って、勝ち誇ることは中国メディアの主旋律となった。世界のどこも危ないが、中国だけは安全──。中国政府の勝利宣言は、国外に住む中国人の帰国ラッシュを招いた。特にヨーロッパから「脱出」する中国人留学生が多く、3月中旬の北京や上海の空港は連日大混雑になった。

これにはさすがの中国政府も驚いた。ウイルス逆輸入の懸念だ。帰国するなと呼び掛けつつ、既に帰国した人々を14日間の強制隔離に。これがさまざまなトラブルを引き起こした。水道の水が飲めない、ミネラルウオーターもない、病院で検査を受けたが十数時間も待たされた、食べ物もない......。

帰国者たちはこの待遇にネットで助けを求めたが、かえって中国国内から「ここは中国、命令に従って余計な要求をやめろ」と非難を浴びた。さらに帰国者の中に感染例が確認され、ますます国内の怒りを買った。ある中国メディアによる「祖国建設你不在、万里投毒你最快(祖国を建設するときにはいないのに、遠く離れた場所から毒を投じるときには一番早く帰る)」という差別的な批判もネット上でシェアされた。

今回、最も差別されているのは国外に暮らす中国人だろう。ただ、子供の頃からしっかり愛国教育を受けた中国人留学生たちは「離岸愛国主義」だと言われる。彼らは外国へ留学しても現地の人々とほとんど交流しない。中国の SNSだけを使い、中国のニュースしか見ない。豊かな物質生活と人権尊重の自由社会を享受しながら、中国式の愛国的価値観を持つ人々だ。

彼らのほとんどは富裕層出身で、その豊かな生活スタイルは一般中国人の不満を買いやすい。帰国後に隔離された際のさまざまな要求が非難されたのはこのためだ。中国式価値観を持ちつつ豊かな生活を求める国外の中国人たち──そんな彼らが「安全地帯」を求めて祖国に帰る。そして、帰ったとたん同胞から批判される。何とも皮肉なことだ。

【ポイント】
疫情过后中国或成大赢家
「新型肺炎が終われば中国は大勝利者になるだろう」。中国株が大暴落した2016年、中国官製メディアが負け惜しみ的に掲げた「中国或成最大赢家(中国は最大の勝利者になるだろう)」という記事タイトルがネットユーザーの間で流行。それ以来、世界を相手に不利な状況に追い込まれた中国政府を揶揄するスラングとして使われている。

<2020年4月7日号掲載>

cover200407-02.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年4月7日号(3月31日発売)は「コロナ危機後の世界経済」特集。パンデミックで激変する世界経済/識者7人が予想するパンデミック後の世界/「医療崩壊」欧州の教訓など。新型コロナウイルス関連記事を多数掲載。

プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

米議会襲撃で「死の恐怖味わう」、下院委の初公聴会で

ビジネス

米スタバ、7─9月期の既存店売上高見通しが予想上回

ワールド

ワクチン接種でも屋内でマスクを、米が指針見直し 感

ビジネス

NY外為市場=ドル下落、FOMCの結果待ち

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよくする」ことが体をゆがませる

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 7

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    ネコは箱の中がお好き......それが「錯覚」であって…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中