コラム

中国が駅での「安全検査」に熱心な本当の理由

2018年08月04日(土)13時00分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)
中国が駅での「安全検査」に熱心な本当の理由

(c)2018 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<中国各地の地下鉄や高速鉄道の駅では、まるで空港のように厳しい保安検査を受けなければならない。その目的は「人民」の安全を守るためだけではなく......>

乗り物に乗る際の安全検査を中国語では略して「安検」と呼ぶ。中国の安検がどれほど厳しいか、ソーシャルメディアでよく話題になる。「ボトルを開けて、ミネラルウオーターを一口飲んでみせて!」。これは水なのかガソリンなのかを確認するため。「そのお団子ヘアの女、止まって!」。これは何か危険物がお団子に隠されていないか調べるため。

なんと厳しい検査だろう。しかも、これは飛行機に搭乗する前の空港での検査ではなく、地下鉄や高速鉄道に乗る前の駅での検査なのだ。

地下鉄の安全検査は08年北京オリンピックの時に始まり、それ以降上海、広州など各都市に広がっている。エックス線検査装置、固定式や携帯型の金属探知器、液体探知器、爆発物探知機など、いろんな装置が中国各地の駅に備わっている。広州市の各駅に設けられた855カ所の検査所の17年から3年間の合計予算は26億7000万元(約430 億円)。検査所1カ所の年間予算は100万元(約1600万円)以上だ。

どうして地下鉄駅でこんなに厳しい検査が必要なのか。「人民の安全を守るため」という中国政府の説明も1つの理由だが、もう1つの理由は「政権の安全を守るため」だろう。

貧富の格差、官僚と国有企業の汚職、チベット・新疆ウイグルなどの民族問題、香港市民と北京政府の対立、台湾独立......。中国政府は焦燥感に駆られている。警備の強化は権力者の不安を解消する精神安定剤だ。毎年10月1日の国慶節に天安門広場で平和の象徴のハトを1万羽放すときも、警察は事前に1羽も漏らさずハトの肛門の「安検」を実施している。

実際に検査を行う各地方政府にとっても、「党と国の安全を守る」という理由は誰も反対できないから国に経費を申請しやすい。もう1つの裏の理由もある。それは経済効果。都会の雇用問題を解決できるのだ。

地下鉄駅の安全検査が必要な出口には、1カ所で少なくとも2人の安全検査員が必要になる。例えば、広州では検査所が855カ所あるから、1500人以上が就職できる。設備の購入、管理、維持と更新にも全て費用がかかる。これら全てが各地方政府のGDPに大きく貢献するのだ。

【ポイント】
地铁入口、思想安检、危险

それぞれ「地下鉄入り口」「思想安全検査」「危険」

ハトの「安検」
中国警察は国慶節の前日夜7時からハトの検査を開始。1羽ごとに危険物が隠されていないか肛門と羽の下を調べ、録画までする

<本誌2018年8月7日号掲載>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

中国フィンテック企業、2年以内に資本要件満たす必要

ビジネス

豪中銀、政策金利を0.10%に据え置き 3年債利回

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者1億1

ワールド

2021年度予算案を可決=衆院予算委

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

  • 5

    なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

  • 6

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 7

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 8

    バブルは弾けた

  • 9

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 10

    「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!