注目のキーワード

コラム

組織心理学の若き権威、アダム・グラントに聞く「成功」の知恵

2022年06月11日(土)13時26分

世界で最も 権威あるビジネス思想家ランキン グ「THINKERS 50」の1人に選 ばれたアダム・グラント PHOTOGRAPH BY PASI SALMINEN

<思い込みや既存の慣行に縛られず臨機応変に対応するために必要な「再考」のテクニックとは>

アダム・グラントが現代アメリカのプラトンとされるのには一理ある。ほぼ毎年、全米一のビジネススクールの最高の教師と評され、若い頃から興味深く先駆的な研究論文を世に送り出してきた。10年以上前に20代の若さで既に生涯特別功労賞に値するような卓越した業績を挙げていた。

学術面でハリウッド映画の脚本のように成功遂げている一方で、全く異なる分野でも活躍を見せている。世界中の有力紙で見識を披露しニューヨーク・タイムズのベストセラーリスト入りの常連であるほか、学術的なアイデアや一般向けのアイデアを量産しているイメージがある上、ビジネスコンサルタントとしても引っ張りだこ。NBAからゲイツ財団やグーグルまで名だたる一流の企業や組織がこぞってグラントのアドバイスを求める。リンクトインにおけるグラントのフォロワーは今年末までに500万人を超えることは間違いないだろう。

組織心理学者であるグラントの最新作『THINK AGAIN 発想を変える、思い込みを手放す』は分裂し対立する世界に不可欠な、彼の現実離れした成功の理由も分かる一冊だ。

その中でグラントは、どうすればパフォーマンスを向上し予測向上につながるか、より賢明な決断をしたり、自分の立場に固執する人々を説得したりできるか、具体的かつ正確に、タイムリーなリサーチやエピソードや助言を提供する。

『THINK AGAIN』も前作までと同様ベストセラーに。その刊行に合わせた記事で、グラントはモチベーショナル・インタビューという説得法を紹介。新型コロナのワクチン接種を受けたがらない友人や家族を説得する方法について、彼らしいユーモアと素晴らしい解説で、ハリー・ポッターへの言及も交えて説明している。

例えば、おじさんが「名前を言ってはいけないあの人」を支持するのをやめさせるにはどうすればいいか、という具合だ。4月18日には邦訳版も刊行。『THINK AGAIN』をより理解するにはどうすればいいか。

8年近く前にグラントと初めて会って以来、彼の著書を追い掛け、自身もモチベーショナル・インタビューを外交の授業で実践している米ジョージタウン大学教授のサム・ポトリッキオが、話を聞いた。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

訂正(10日配信記事)-旧統一教会会長「至極残念」

ワールド

米、対中関税巡る対応見直し 台湾情勢受け=関係筋

ワールド

米司法省、イラン革命防衛隊員を訴追 ボルトン氏暗殺

ビジネス

ディズニー4─6月期、動画配信加入者2.21億人 

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】多指症の猫、25本の指で毛布をこねこね

  • 6

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 7

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 8

    他の動物のミルクを飲むヒトの特殊性と、大人が牛乳…

  • 9

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 10

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 5

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 8

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 9

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 10

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中