注目のキーワード

コラム

【現地発】「戦争前夜」ロシア国民の心理と論理

2022年02月24日(木)08時20分

モスクワの公園(本文と関係ありません) AlxeyPnferov-iStock.

<私のロシアの親族や友人は――。一般市民はウクライナをどう見ているか。ロシア国内でのプーチンの歴史観や侵攻に対する評価は。彼らロシア人には「中国」という別の懸念もある>

※本誌2月22日発売号(3月1日号)「緊迫ウクライナ 米ロ危険水域」特集より

戦争などあり得ない──短期滞在中のロシアで、私が話を聞いた地元の人のほとんどはそう考えている。

ウクライナとの戦争の可能性は? この点を知人のロシア人たちに尋ねると、たいてい「欧米メディアの過熱報道に影響されすぎだ」とからかわれる。

ロシア人は2つの理由により、「侵攻が差し迫っている」という見方を否定する。1つは、ウクライナがロシアにとって家族に等しい存在だからというもの。そしてもう1つは、ウクライナの抵抗が熾烈を極めるはずだからというものだ。

昨年夏、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が長大な論文を発表した。題して「ロシア人とウクライナ人の歴史的一体性について」。この論文が言いたいことは、要するにロシア人とウクライナ人は「1つの民族」だということだ。

プーチンの論文は歴史をひもとき、ロシアとウクライナの関係が現在のような状態に陥っている責任は外部勢力にあると批判。今日のウクライナは完全にソ連時代につくり出されたものであり、その際にロシアの国土が「簒奪(さんだつ)」されたと断言した。

ウクライナの国土の大半はロシアに帰属すべきものだとプーチンは主張し、再びウクライナの領土を併合する可能性をちらつかせた。「ウクライナの真の主権は、ロシアとの連携の下で初めて可能になると確信している」とのことだった。

プーチン論文の主張はまともな歴史家にはとうてい受け入れ難いものだが、ロシアとウクライナが切り離せない関係にあるという認識は多くのロシア人が共有している。

この点は、私の親族の反応からも明らかだ。

私の妻はロシア出身で、ウクライナ東部に住む祖父母のことを心配して頻繁に電話をかけている。母方の祖母は、戦争の可能性に心を痛めて電話口で泣き出したことがあった。

多くのロシア人が妻の祖母のように苦悩している。ウクライナと戦争をするというのは、兄弟同士で殺し合うに等しいくらい胸が痛むことなのだ。

戦争はあり得ないと多くのロシア人が考えている理由の1つは、この点にある。それに加えて、ロシア人は、ウクライナを屈服させることが容易でないと考えている。

ウクライナの人々はソ連時代に、第2次大戦の「大祖国戦争」で多大な犠牲を払いつつも、ナチス・ドイツの侵攻と戦ったことを誇りにしている。もしロシア軍が侵攻すれば、ウクライナは勇猛果敢に戦うはず、というわけだ。

しかも、ウクライナ軍は欧米の支援を受けて軍事力を増強している。親ロシア派支配地域外にロシア軍が侵攻すれば、猛烈な抵抗を受けると、ロシアの人々は懸念している。

最終的にはロシア軍が抵抗を跳ね返して勝利し、目的を達するという自信はある。しかし、その過程で莫大な数のロシア兵の命が失われると恐れている人が多い。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、核文書が家宅捜索の目的との報道否定 「

ビジネス

米ミシガン大消費者信頼感、8月は55.1に上昇 予

ビジネス

米インフレ2%回帰へ一段の利上げ必要、指標注視=リ

ワールド

中国軍機10機、台湾海峡の中間線超え=台湾国防部

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中