注目のキーワード

最新記事

ウクライナ危機

ロシア「暗殺リストを作成」ウクライナ侵攻後、反体制派やLGBTなど標的に

2022年2月21日(月)13時55分
エイミー・マッキノン(フォーリン・ポリシー誌記者)、ロビー・グラマー(同)、ジャック・デッチ(同)

「反ロシア派」筆頭はウクライナのゼレンスキー大統領 Denis Balibouse-REUTERS

<米関係筋によると、ロシアは侵攻後に拘束または暗殺の標的にするリストを作成している。武力攻撃の一方、内部対立を作り出し、反対分子を排除するのは典型的なロシアの流儀だ>

アメリカは、ロシアがウクライナに侵攻した場合、主要な政敵や反腐敗活動家、亡命中のベラルーシやロシアの反体制派を「標的」にする可能性があるとの情報を入手した。

バイデン米大統領は2月18日、早ければ数日中にも軍事侵攻が始まる可能性があると警告している。

米情報機関に近い4人の関係筋によると、ロシアはウクライナ侵攻時に拘束または暗殺の標的にするため、同国の政治家や有力者のリストを作成したという。

ある米政府当局者は匿名を条件に、アメリカはウクライナの特定グループに対し脅威に関する情報の機密レベルを引き下げ、同国政府や近隣諸国と共有できるようにしたと述べた。

「ロシアは脅迫と抑圧を通じて協力を強制しようとするだろう」と、別の米政府当局者は匿名を条件に語った。

「過去のロシアの作戦には、標的の殺害、誘拐・強制的な失踪、拘束、拷問が含まれていた。こうした行為の標的にされるのはロシアの行動に反対する人々──ウクライナに亡命中のロシアやベラルーシの反体制派、ジャーナリストや反腐敗活動家、宗教的・民族的少数派やLGBTのような弱者だろう」

標的リストには、ロシアの計画に反対する可能性がある全ての人物が含まれているようだ。

ファイブアイズ(米、英、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの5カ国で構成される機密情報を共有する枠組み)の情報機関は、ロシア連邦保安局(FSB)やロシア軍参謀本部情報総局(GRU)が標的リストや殺害リストを作成している事実も把握している。

武力で軍事目標を制圧する一方、特殊工作員が内部対立を作り出し、情報工作員は相手国に潜入して反対分子を排除する──こうしたやり方は典型的なロシアの流儀だと、ある米議会スタッフは匿名を条件に言った。

ブリンケン米国務長官は17日の国連安全保障理事会で、ロシアによるウクライナ侵攻の想定シナリオに言及した。

「ロシアが計画しているのは通常兵器による攻撃だけではない。ロシアがウクライナの特定グループを標的にすることを示唆する情報がある」

イギリスの防衛シンクタンク、王立統合軍事研究所(RUSI)が2月15日に発表した報告書は、ウクライナ情報機関の高官数人への聞き取り調査に基づき、ロシアの情報機関はウクライナの地方政府に広く浸透し、侵攻時に地方政府の指揮を任せられる人物のネットワークを構築し始めていると主張する。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

フィンランド、ロシア人向けビザ発給制限へ 9月1日

ビジネス

カーニバル、クルーズ予約急増 コロナ規制緩和で 株

ワールド

エストニア、一般のロシア人のビザ取り消しへ EU渡

ビジネス

カナダCPI、7月は前年比7.6%上昇 やや緩和

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 5

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 8

    【映像】社交的?馴れ馴れしい? 好奇心旺盛な子カ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    おぞましい伝説を持つスコットランド「殺人の洞窟」…

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月