コラム

いよいよ始まるトランプvsバイデンの討論会はここに注目せよ

2020年09月29日(火)11時00分

いよいよ大統領選の第1ラウンドが始まる REUTERS/Kevin Lamarque/Leah Millis

<「政界のスーパーボウル」テレビ討論会は第1回が最重要。2人の候補者が持つ強みと弱みとは>

米大統領候補の公開討論会に大した意味はないと、政治学者はほぼ口をそろえて断じる。彼らはおそらく、有権者がある候補に投票する理由を正確に見定める方法は存在しない、という事実を理解できないのだ。

有権者にとって、自身の選択をはっきりと説明するのは難しい。外交政策がより賢明だからと言いつつ、心の中では「大統領らしかったのは彼だ」と考えていたりする。

結論を言えば、討論会は各党の大統領候補が同じ立場で、直接対決するさまを目撃する唯一の機会にほかならない。研究結果はどうであれ、極めて重要なものだ。来るべき「政界のスーパーボウル」の行方について、いくつか予想してみよう。

20200929issue_cover200.jpg

9月29日に予定される第1回討論会は最も決定的なものになるだろう。聴衆が多く、残り2回の討論会のムードがここで決まる。初回を制した者が討論会全体の勝者になるはずだ。

歴史的にみれば、第1回討論会ではほとんどの場合、挑戦者の立場にある候補が再選を目指す現職大統領を打ち負かす。挑戦者は通常、予備選を勝ち抜いたばかりで調子は万全だ。

一方、現職大統領はだれた自己満足状態で第1回討論会に臨む。最も有名な例が、現職大統領バラク・オバマがミット・ロムニーの挑戦を受けた2012年だ。オバマは事前の練習をさぼり、討論会ではロムニーが主役になった。トランプ大統領が練習するはずはなく、予備選での討論やトランプ相手のシミュレーションを繰り返してきた民主党候補のジョー・バイデン前副大統領は、既にボクシングのチャンピオン選手並みに仕上がっている。有利なのはバイデンだ。

勝敗を印象付ける上では、討論会後のメディア対策が重要になる。12年の第1回討論会では両者に圧倒的な違いはなかったが、ソーシャルメディアによってオバマのダメダメぶりが増幅された。今回、オンラインでのトランプの影響力はずっと大きく、保守派ラジオ局などの基盤もより大きい。この点、有利なのはトランプだ。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ワールド

シンガポール、隔離なし渡航9月開始を検討 8月に行

ビジネス

バイナンス、豪ドル・ユーロなどの仮想通貨証拠金取引

ワールド

中国、食品配達サービスの配達員待遇改善を義務付け

ワールド

チュニジア大統領が首相を解任、新首相と行政権行使へ

MAGAZINE

特集:ドキュメント 癌からの生還

2021年7月27日号(7/20発売)

東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 3

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本人と韓国人

  • 4

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 5

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 8

    コロナ対策で巨大イカ像を作り、20兆円は手付かず...…

  • 9

    ウガンダ選手の失踪は例外ではない──国際大会で「消…

  • 10

    大谷翔平がベーブ・ルースに肩を並べた部分と、すで…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 10

    東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 5

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中