コラム

復活Vタイガー・ウッズは、アメリカンドリームの体現者

2019年04月25日(木)11時00分

アメリカ人は強い王者が好きだ。特にウッズのような「パイオニア」のチャンピオンは大好きだ。

97年のマスターズ初優勝当時のウッズは、史上最年少のチャンピオンであると同時に史上初の黒人のチャンピオンでもあった。大会の開催地は、その歴史を通じて黒人の会員をほとんど認めてこなかったオーガスタ・ナショナル・ゴルフ・クラブだ。ウッズはアメリカが目指すべき理想の象徴だった。新たな歴史を切り開く向こう見ずな「勝者」だった。

そして今、ウッズはさらに大きな存在になった。アメリカ人の琴線に触れるもう1つの物語、「復活の王者」の主人公になったからだ。罪とあがないは17世紀からアメリカで人気のテーマであり、それは現在のディズニー映画でも変わらない。

プロゴルファーとしてのキャリアもプライベートも一度は恥辱にまみれ、どん底まで突き落とされながら、ウッズは歯を食いしばってトップの地位を取り戻した。これぞまさにアメリカの理想だ。

<本誌2019年4月30日/5月7日号掲載>

201904300507cover-200.jpg

※4月30日/5月7日号(4月23日発売)は「世界が尊敬する日本人100人」特集。お笑い芸人からノーベル賞学者まで、誰もが知るスターから知られざる「その道の達人」まで――。文化と言葉の壁を越えて輝く天才・異才・奇才100人を取り上げる特集を、10年ぶりに組みました。渡辺直美、梅原大吾、伊藤比呂美、川島良彰、若宮正子、イチロー、蒼井そら、石上純也、野沢雅子、藤田嗣治......。いま注目すべき100人を選んでいます。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    世界が知る「香港」は終わった

  • 5

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    慰安婦問題が突き付ける、「歴史を装った記憶」の危…

  • 8

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 9

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 9

    金正恩が韓国・文在寅政権を猛非難「朝鮮半島情勢緊…

  • 10

    世界が知る「香港」は終わった

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    キム・カーダシアンの「キモノ」に怒った日本人よ、…

  • 9

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!