コラム

ムラー報告書を切り抜けても「トランプゲート」は終わらない

2019年03月16日(土)14時20分
ムラー報告書を切り抜けても「トランプゲート」は終わらない

NYのトランプ・タワーでロシア情報機関の「関係者」との会合が行われた Brendan Mcdermid-REUTERS

<本丸はロシアゲートより数々の経済犯罪だ――もしトランプが大統領の地位を失えば刑事訴追は免れない>

ロバート・ムラー特別検察官は、過去1年間で最も有能な公職者だった。ロシアゲートの捜査で1つの敗北も喫することなく、トランプ米大統領の側近たちによる常識外れの犯罪行為を暴き出したのだから。

ムラーは17年5月に司法省から特別検察官に任命された際、「ロシア政府とトランプの選挙運動関係者のつながりや共謀関係」を捜査する権限を与えられた。それから2年足らずで、ムラーはトランプの側近5人に有罪を認めさせ、6人目を起訴。ロシアの個人または組織29組を告発した。加えて、トランプの選挙対策チームとロシアの驚くべき共謀関係も明らかにした。

ただし、トランプ本人の関与が認定される可能性は低そうだ。近く提出されるムラーの報告書には何らかの制限、特に内容の公開についての制限が加えられる公算が大きい。

トランプが任命したバー司法長官は、議会にはムラー報告書の概要のみを示す姿勢をにじませている。つまり、大統領の関与を強く示唆する証拠は公開しない可能性が高いということだ。ムラーも刑事告発以外の目的の文書公開には消極的だ。

それでも、トランプにとって気掛かりな先例が2つある。まず、弾劾訴追された最後の大統領ビル・クリントンのケース。もともとの捜査は土地取引と不正融資に関わるものだったが、弾劾訴追に至った理由はホワイトハウスの実習生との不倫関係をめぐる偽証だった。

ムラーの捜査がきっかけとなり、トランプの不正行為に対するその他の捜査や追及が次々に始まる可能性は十分にある。民主党のアダム・シフ下院情報特別委員会委員長は、組織犯罪捜査の経験がある元検事を雇い入れた。トランプのマネーロンダリング(資金洗浄)疑惑をめぐる捜査が始まる可能性を予兆する動きだ。

背筋が凍るような予言

第2の先例は、弾劾直前に自ら辞任した唯一の大統領リチャード・ニクソンのケースだ。ニクソンの転落を決定づけたのは、側近の1人だったジョン・ディーン元補佐官の証言だった。

米下院では先日、トランプの最側近だったマイケル・コーエン元顧問弁護士が公聴会で証言。税関係書類の虚偽記載に関連して、トランプは平気で法律を破る詐欺師だと非難した。

ロシアとの共謀については直接の証拠はないが、「疑惑」を持っていたと語り、ロシアの情報機関とつながりがある弁護士とのトランプ・タワーでの会合を主導したのはトランプだったと思うと発言した。

さらにモスクワのトランプ・タワー建設計画をめぐる自分の虚偽証言は、トランプの弁護団が「編集した」ものだと主張。16年大統領選の対立候補だった民主党のヒラリー・クリントンに打撃を与える電子メールをウィキリークスが公開するという情報を、トランプは事前に知っていたとも語った。

だが証言のハイライトは、トランプがやったとされる金融関連の不正行為の数々だろう。ムラーの捜査がトランプとロシアの共謀関係を立証する可能性は低いが、トランプが金融関連の違法行為に関与していたことはほぼ確実に証明されるはずだ。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!